2019年09月20日

さが水ものがたり館

先日、所用で佐賀に行った折に、以前から看板が気になっていた「さが水ものがたり館」に寄ってきました。場所は九州道 佐賀大和インターの近くです。事前に調べてなかったので、てっきり上下水道の施設に関するものと思っていましたが、実は防災・減災、河川環境の保持、河川愛護意識の啓発を目的としたもので、併せて佐賀の偉人「成富兵庫茂安(なりどみひょうごしげやす)」の治水・利水に関する功績を今に伝えるものでした。

DSC_0588.JPG


DSC_0585.JPG


DSC_0582.JPG

成富茂安は、江戸時代初めの佐賀藩の重臣で、若い頃は勇猛果敢な武将でしたが、後年は領内の水害の防止、灌漑事業、新田開発、上水道の建設などに尽力しました。手がけた事績は細かいものも入れると、100ヶ所を超えるとも言われています。また、後に白石神社では水の神として祀られました。私も小学3年から高校まで佐賀に住んでいたので、成富兵庫茂安の名前や「石井樋」を作って、佐賀藩の治水に尽くした人ということは知っており、懐かしく感じました。

DSC_0586.JPG

ところで館内を回っていると、ある写真パネルに目がとまりました。何と平成19年に当時、皇太子だった天皇陛下も来館されていたのです。日本全国津々浦々、色んな所に訪問されているのは知っていましたが、こんな田舎の小さな施設(失礼しました・・・)にまで来られているとは・・・。陛下の人柄を感じ、ますますファンになりました。


最後に、この「さが水ものがたり館」の裏手は、石井樋の水の流れを復元、整備した「石井樋公園」になっており、当日は緑の中、川の水のせせらぎが耳に心地よく、いい気分転換になりました。川の中に石積みも多く残っているので、興味のある方はぜひ行かれてみてください。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:22 | めぐみだより

2019年09月19日

花咲か爺さん

グループホーム安居では、9月12日に敬老会を行いました。お昼はちょっと豪華なお弁当で、皆様、自然と笑みがこぼれます。

3.JPG


2.JPG

そして今回の出し物は、花咲か爺さんの寸劇でした。ちなみに花咲か爺さんは5月の日本の昔話として伝えられている童話です(諸説あり)


ご存知のとおり、心優しいおじいさんと欲深いいじわるなおじいさんが、不思議な力を持ったかわいらしい犬をきっかけに、優しいおじいさんは幸福になり、いじわるおじいさんは不幸になるという、室町時代から江戸時代にかけてのお話です。

4.JPG


5.JPG

スタッフの迫真の演技に、利用者様も真剣に見ておられ、おかげさまで大盛況のうちに、終わることが出来ました。

6.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:46 | めぐみだより

2019年09月18日

娘でいてくれてありがとう

娘がついに夢を叶えた。

幼い頃から絵を描く事が大好きだった娘。

専門学校卒業後、数年のアシスタント業を経て、この夏ようやく漫画家としてデビューを果たした。


「一生のうちで好きな事、やりたい事を見つける事ができたら、たとえ時間がかかっても幸せだ。」と常々思っている私が親としてできる事は、後方支援だけだったが。


地道に努力を重ねて、夢を掴んだ娘を母として誇らしく、「ありがとう」の気持ちが湧いてくる。

厳しい世界で苦労も多いだろうが、「好き」の力を信じて歩き続けてほしいとエールを送りたい。


yjimage88.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:25 | めぐみだより

2019年09月17日

猫の恩返し

先週のことです。当院の敷地内に子猫が2匹捨てられていました。第一発見者?のリハビリのN君が私の所に来て、「どうしましょう?放っておいたら死んでしまうかも。」とのこと。一緒に見に行くと、なるほど子猫が2匹います。生まれたてではないですが、自分で動ける分、かえって車にひかれるかもしれません。とりあえず他の職員が用意した飲み水の入った段ボール箱に入れて、日陰の草むらに避難させます。その後、N君は里親探しへ、私はどうしたものかと、関係機関に連絡をしてみました。


まず、動物愛護センターです。返ってきた言葉が「親猫が戻って来るかもしれませんから、しばらく様子を見ていてください。」とのこと。それと直接引き取りとかは出来ないので、保健所に連絡してくださいとのことでした。次に保健所へ。「親猫が戻って来るかもしれませんから・・・。」何と先程と同じことを言われました。様子を見ろと言われてもねえ・・・。里親が見つかることを祈るばかりです。


その日は夕方研修があり、私はバタバタしていたので、その後どうなったか分からないまま夜を過ごしました。


次の日、朝から親猫がいたと言ううわさもありましたが、子猫のほうはと言うと、親切な夜勤明けの看護師さんにもらわれて行ったとのことでした。大騒ぎしましたが、一安心です。良かった、良かった。でも、その裏で大活躍した人物がいます。リハビリのN君です。彼は、発見されたその日の内に子猫を動物病院に連れていって、蚤の除去やらワクチン接種やらを済ませており、里親の看護師さんに引き渡したとのこと。安心してもらわれていったそうです。


私はこの話を聞いて、今どきこんな良い人がいるのかと感激しました。そして気になって、恐る恐る聞いてみました。「費用は高かったろう?(保険がきかないからなぁ。)」、N君いわく「保護猫って言ったら、先生が安くしてくれました。2万円を400円に・・・。」何と獣医の先生も良い方だったのです。良い人が良い人を呼んだのかなぁ、更に感激しました。


願わくば、今後N君に良い事がありますように!密かに「猫の恩返し」を待っています。


yjimage5.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:47 | めぐみだより

2019年09月13日

秋の気配

こんにちは、食事療養室です。

お昼はまだまだ暑いけれど、朝夕は過ごしやすくなりました。

日が落ちるのが早くなり、虫の声も聞こえます。

秋の気配を感じられるようになりました。


病院の敷地内には栗の木があります。

食べられるのかどうかは分かりませんが、栗の実がずいぶん大きくなっていました。

栗.JPG

さて、9月16日は敬老の日です。

敬老の日とは、

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」だそうです。

当院の敬老の日の行事食を紹介します。


・きのこ御飯

・鯛の酒蒸し

・さつまいもの白和え

・吸い物(そうめん・三つ葉)

・練り切り(うさぎの月)

・飲み物(ジョアストロベリー)

敬老の日 行事食.JPG

行事食を通して、季節を感じていただけたらと思います。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:32 | めぐみだより