2018年11月22日

ちくちく

こんにちは、食事療養室です。

以前紹介したポンポン部は忙しくて休部状態となっていますが、食事療養室では趣味の手芸が静かなブームとなっています。

動物ぽんぽん.JPG

昼休みには、休憩室でSさんが刺繍をする姿をよく見かけます。


私は10月に開催された母校の文化祭バザーのお手伝いをし、手作り品を提供しました。ハギレでカチューシャやリボンを作ったり、バッグを加工したりしてバザーで販売しました。

リボン.JPG カチューシャ1.JPG


カチューシャ2.JPG

手芸が苦手、ミシンは使えない(持っていない)私なので、手縫いでできるものを作りました。

バッグ1.JPG バッグ2.JPG


もともと手芸は苦手な私ですが、手作りしたアクセサリーを小さな女の子がつけているのを見ると嬉しかったです。バザーは終わりましたが、ちくちくと手縫いでちょっとしたものを作るのは楽しく、寒い日は家にこもって作ろうかと思っています。


休部状態のポンポン部も復活させ、作りかけの作品を完成させたいものです。



拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:58 | めぐみだより

2018年11月21日

「香椎散策〜薬師堂〜」

みなさん、こんにちは。今回は、地元なのによく知らない場所シリーズです。

私も以前から、気にはなっていたんです。道の向こう側に何かあるな〜って。それで、先日、夕方散歩に出た時に寄ってみました。

PB040687.JPG

まず、近くの看板を見ると、どうやら薬師堂のようです。

手前に赤い前掛けを付けたお地蔵様が見えますが、奥にも赤い前掛けがいっぱい見受けられます。

PB040688.JPG

奥に向かって歩いて行くと、お堂があり、中には薬師如来様が、又、両側には観音様がずらりと並んでいらっしゃいました。なんと薬師如来様2体、地蔵菩薩様1体、観音菩薩様31体、計34体祀られているようです。 (o) すごい多人数ですね。誰に向かってお願いしたらよいのか、迷ってしまいます。なので、代表して薬師如来様に願掛けしてきました。 (^v^)

PB040689.JPG


PB040691.JPG


PB040692.JPG

ここは以前、神仏習合の時代に香椎宮をお守りする、香椎宮守護十五ヶ寺の1つだったそうです。(今は、お寺はありませんが・・・。)

マンションと民家の間にひっそりと残っているお堂と如来様、菩薩様たち。まるで異空間のようです。地域の方々に手厚く保護されて、現代まで残っているんでしょうね・・・。何だか温かい気持ちになりました。まだ、拝んでいない菩薩様たちが沢山いらっしゃるので、また来ようと思いながら、香椎宮に向かって散歩を続けました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年11月20日

菊花展見物

秋晴れの日、待ちに待った宗像大社の菊花展へ行きました。バスに乗り込み、出発です!車中、歌も飛び出し和やかムード。

まずは腹ごしらえ、「英ちゃんうどん」に到着しました。うどん定食を前に満面の笑顔、ハイポーズ!!

1.JPG


2.JPG


3.JPG

この大きなどんぶりを抱えて、スープまで飲み干す方もおられました。「美味しかったねー。」と大満足です。さあ!目的地の宗像大社に向かいます。


色とりどりに展示された大輪の菊から盆栽のように作られた菊の花に大感激!「うあ〜きれいね〜。」と思わず声が出ます。

4.JPG

少し疲れたかな?


色づき始めた紅葉を眺めながら、楽しいおしゃべりにも花が咲きました。

6.JPG


5.JPG

この後、車に乗り海沿いの道を通って無事に帰って来ました。

本当にお疲れ様でした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:21 | めぐみだより

2018年11月19日

娘の成長とご先祖様

皆様こんにちは。いかがお過ごしですか?


すっかり秋になって気候も良くなり、何かを始めるには絶好の季節かもしれませんね。


前回のブログを書かせて頂いたのは確か、お花見の時期だったと思います。その時は1月に生まれた長女(名前は楓といいます)の紹介をさせて頂きました。今回も長女の成長と最近感じていることを書きたいと思います。


「楓」が生まれて早や10カ月が過ぎました。以前よりも身体的、精神的にも発達が目覚ましく、床をはって移動したり、つかまり立ちをしようとしたり目が離せなくなってきました。また、拍手をして爆笑したり、時には着替えの時に怒ったりと感情表現も豊かになり、子育てをしていて毎日が充実した日々を送っています。


そんな中、最近感じていることは、ご先祖様への感謝です。「楓」が誕生したのはまぎれもなく私達夫婦がいたからですが、私も妻も共に「親」がいなければ誕生しませんでした。楓が生まれる為には、私、妻、妻の母、妻の父、私の母、私の父と誕生までに六人必要です。


これがご先祖様を10代遡ると、いったい何人の人が必要なのでしょうか?計算してみたのですが、間違いが無ければ1,024人必要となり、その中で誰一人欠けても、「楓」は誕生しなかったのではないかと最近考えるようになりました。


この年になって、昔から言われるように「ご先祖様に感謝」ということが、少しは分かったような気がします。お仏壇に手を合わせることは、とても大切なんですね。「楓」がもう少し大きくなって、この話が出来たらいいなと感じています。


yjimage.jpg  yjimageA.jpg  

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:30 | めぐみだより

2018年11月16日

動物園の秋

みなさんこんにちは!

11月に入り、外の様子もすっかり秋になってきましたね。


私はこの間のお休みに、福岡市動植物園に行ってきました!

ちょうど動物園のエントランスがリニューアルされて新しい入り口から入ることが出来ました。

天気も良く、動物たちも元気でした。

やはりライオンは迫力がありますね〜。

@.JPG

キリンもちょうど私達に顔を見せてくれました!

ファンサービス旺盛です。 (*^^)

A.JPG

スロープカーに乗り、植物園にも行きました!

入るとすぐ、秋らしくコスモスが綺麗に咲いていましたよ。 (^^

B.JPG

バラも咲いており、たくさんの種類のバラを見ることが出来ました。

C.JPG

それぞれの匂いを嗅いで回っていたので、最後には鼻がむずむずしました。 (*_*)


秋は気温もちょうどよくお出かけが気持ちいいですね。 (^v^)

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、色々な秋がありますが、みなさんそれぞれの秋を楽しまれて下さいね〜〜♪

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより