2019年02月14日

心配

2月も半ばになりましたが、雪が降ることもなく程良い!?寒さの日々が続いていますね。

病院の中庭の梅も綺麗に満開の花を咲かせています。


そんな中、私が心配していることが。

去年の10月に、デイケアの横にある花壇に利用者様達と一緒にまいた、コスモスのことです。そのコスモスは「遅咲きコスモス」という種。それにしてもまく時期が遅くなってしまい、半信半疑のまま育てています(笑)

しかも、日当たりも悪く、周りも草がボーボーに生えてしまい悪条件。利用者様とも「天気が良くて暖かい日に草取りしたいね。」と話しながら行く末を見守っています。

まいた種に比べて出てきた芽の数も少なく、がっかりしていたのですが、10cm程伸びた2本の茎に蕾のようなものが!


今後どうなっていくのか分かりませんが、みんなで気長にお世話していきたいと思います。


!cid_168e11d9e2d996d6b5b1.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:27 | めぐみだより

2019年02月13日

神殿の彫刻

先日、どこかに梅の花が咲いていないかなあと、古賀市内を車でドライブしていると、何やら黄色い看板が目に飛び込んできました。見ると「天降神社神殿の彫刻」とあります。神殿の彫刻!?頭の中は何故かギリシャのイメージ。何やら興味をそそられて、自然と足は道を挟んだ反対側の神社の方へ・・・。

P2100874.JPG


P2100866.JPG

境内に入ると、案内板がありました。社殿に珍しい飾りがあるとのこと。早速見てみますが、パッと見、よく分かりません。あれっと思って、境内を掃いていた地元の方に尋ねると、拝殿の裏に本殿があり、そこに飾り(彫刻)がありました。日曜日の昼下がりにお掃除されているぐらいだから、信心深い方なのかなと思いつつ、「こちらは結構珍しいんですか?」と聞くと「時々、写真を撮りに来る方がいますよ。」とのこと。やっぱり珍しいんだなと、私も負けじと記念にパチリ。

P2100873.JPG

ここ天降神社は、「あまふりじんじゃ」と表記されていましたが、「あもりじんじゃ」との説もあるそうです。神亀元年(724年)と言いますから、今から約1,300年前に創建された歴史ある神社です。特に本殿を飾る木造彫刻は、江戸時代中頃(18世紀前半)の作で、妻飾りの竜や手挟みの飛天像など見所がいっぱいです。

P2100872.JPG


P2100868.JPG


P2100869.JPG

明治の廃仏毀釈運動(仏教を排斥し、寺などを壊すこと。明治維新の神仏分離によって起こった。)時に、地元の人達が守ったと言われる彫刻たち。興味のある方は一度ご覧になってはいかがでしょうか?場所は古賀市の薦野です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:46 | めぐみだより

2019年02月12日

「フラリーマン日記 episode.12(餃子の王将とハットトリック編)」

通っているちなみにフラリーマンですが、休日は家族サービスもしてますので!。念為。小学校内で、地元のサッカー少年団に加入している我が家の長男。あまり上手くはないものの、練習は真面目にやっている様です。


先日、他校との練習試合に長男が出るとの事で、次男と一緒に応援に行ってきました。

試合前に発破をかけるべく「ハットトリック(1試合に1人で3点以上取る事です)決められたら餃子食いに連れて行ってやるよ。」と言うと、俄然やる気を出したみたいで、妙に燃えていました(笑)


リザルトはというと、餃子効果?が功を奏したのか、果敢にボールを取りに行っていました。しかし、試合が終わってみると1ゴールのみ(息子にしてはよく頑張った内容です)でした。

ハットトリックは決められませんでしたが、本人もゴールを決める事が出来て嬉しそうでした。

ブログ1.jpg

試合終了後

私  「ハットトリック決められんかったね。」

長男 「うん・・・。」

私  「餃子は、また今度やね〜。」

すると、試合を見ていただけの次男 「頑張っとたやん、1点でもゴール決めたやん。餃子食えんとか、おかしいやろ!というか自分も餃子食べたい、お兄ちゃんも餃子食べたいやろ?餃―子!餃―子!餃子が俺を呼んでいる〜!etc、etc・・・。」と、「餃子の舞」等と称し踊りだし、シンパシーを受けた長男までが「オ〜、餃子食いたいね〜、餃子!餃子!」と歌いだし、辺りからはクスクスと笑い声が・・・(恥)


長男の頑張っている姿を見て内心「3点取れなかったが、餃子を食いに連れて行ってやろう」と思ってはいましたが、「餃子の舞」のお蔭で何だかその場に居たたまれず、バーターとしては不釣り合いでしたが、そそくさと餃子兄弟を引き連れ、我が家の行き付け「餃子の王将」へ・・・。

ブログ2.jpg

「今日1点決めただけでも凄いじゃないか、やったな!」という私に、「今度は2点取れる様に頑張る、今日より明日を見る」と静かに言った長男。

息子よ、試合中に頭でも打ったか!と思いましたが、まあ、いい。エールを込め、ゴールを決めたお祝いに(妻が所要で不在だった事をいいことに)調子に乗って3人で餃子15人前、焼飯2人前、天津飯をたいらげてしまいました(ハットトリック達成?笑)

注文の際、店員のおネエさんも、まだ食べるの?といった顔していましたね、まあ慣れてますけど(笑)大食い大会の如し祝賀会でしたが、男だけの、こんなイベントもいとをかし。です。


追記:暴食になった要因は、食欲の問題ではなく気持ちの問題です念の為。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:10 | めぐみだより

2019年02月08日

針供養

皆さん、こんにちは。本日、2月8日は、「針供養」の日ですね。折れたり、曲がったり、錆びたりして使えなくなった縫い針を供養し、近くの神社などに納める行事です。(地域によっては、12月8日だそうです。九州地方も12月が一般的みたいですね。)


針と言えば、我が家では見かけませんねぇ。一番最近、使ったのも数年前に上着のボタン付けをしたぐらいです。部屋のどこかにはあると思いますが・・・。当然、ミシンもありません。


思えば子どもの頃、母は洋裁が得意で、洋服の補正の仕事をしていました。家には普通に電動ミシンや針、ボビン、糸などがあり、それらを身近に感じていました。当時のことで、今も印象に残っている出来事は、「ボンタン補正事件」ですかねぇ。勝手に、事件にしてしまっていますが(笑)


高校生だった私は、念願の「ボンタン」を買いました。ボンタンとは、変形学生服の一種でワタリが広く、裾が細い学生ズボンのことです。今思えば何ともヘンテコなズボンですが、当時はカッコよく思えたんでしょうね。「ビー・バップ・ハイスクール」が流行っていた昭和の時代です。


さて、家に帰って母に見せると「何ねそれ、みっともない。」と言われ、ちょっと貸しなさいと取り上げられ、あっと言う間にミシンで縫われてしまいました。折角の「ボンタン」が「普通のズボンよりちょっと太いだけのズボン」になってしまいました。さようなら僕のボンタンです(泣く)


今でも実家に帰ると、母の部屋にはミシンや裁縫道具があります。最近は、あまり使われてないみたいですが、見ると何だか昔のことを思い出してしまう、今日この頃です。


                  yjimage10.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:36 | めぐみだより

2019年02月07日

「中庭の梅 2019 」

みなさん、こんにちは。今年も病院の中庭の梅が咲きました。

例年、まだかな、まだかなと廊下を通りながらチェックしているのですが、今年は、気付いたら咲いていたって感じですね。盛りにはまだ早いみたいですが、ピンクに可愛く咲いています。廊下を行きかう人たちも、しばし立ち止まって窓越しに鑑賞。毎日、皆の目を楽しませてくれています。

@.JPG


A.JPG

さて、恒例の記念撮影会です。みのり保育園(院内保育所)のお友だちと一緒にパチリ。ポーズをバッチリ決めてくれましたよ。今年も少し顔ぶれは変わっていますが、みんな元気です!

B.JPG


C.JPG

春には、この中から卒園する子も出てくるでしょう。寂しくなりますが、また来年も新たな子どもたちと一緒に記念撮影が出来たらいいですねぇ、中庭の梅さん!

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:50 | めぐみだより