2019年03月22日

やっと咲いた 花と笑顔(^o^)

朝晩まだまだ冷え込む毎日が続いておりますが、元気にお過ごしでしょうか?さて私は1ヵ月以上前から首を長くして待っていたことがありました。

病院敷地内にある椿の蕾がなかなか開きません。

20190215_142710.jpg

デイケアからご利用者を病院敷地内にある施設にお送りする途中に・・・、何と何とやっと開いてくれまして。その姿をカメラに残すことが出来ましたので、ご紹介致します。

20190308_143447.jpg

今日は、晴天で気持ちがいい1日でした!
「見て!見て!咲きましたよ。やっと。」と喜ぶ私に「そうやね!あっちの白もあるよ!ここは色々あるね。」と沈着冷静。歩いていつも疲労感を訴えられる方なのですが、花を見ながら疲れも見せず笑顔で帰っていただくことが出来ました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:11 | めぐみだより

2019年03月20日

第19回 花まつり

みなさん、こんにちは。今年も福岡聖恵病院恒例の「花まつり」を開催いたします。おかげさまで、第19回目になります。日時は、4月21日(日曜日)の午後1時からです。


今回の見どころは、ステージでのゴスペルと津軽三味線演奏です。初めての試みで、私も今から楽しみにしています。もちろん、法話や可愛い園児のお遊戯、大好評のビンゴゲームもあり、盛りだくさんです。また、ステージ以外では、野点やミニ子どもカフェもありますので、気軽に美味しいお茶や飲み物等召し上がってください。(甘茶と甘酒もありますよ。)

CIMG3647.JPG

当日は、職員一同、心よりお待ちしておりますので、みなさん、ふるってご参加ください。よろしくお願いいたします。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:49 | めぐみだより

2019年03月19日

「雨にも負ケズ、風邪にも負ケズ」

みなさん、こんにちは。今月は桜が卒業、入学といった春の香りを漂わせるような、気持ちの良い季節となってまいりました。さて、そこで今日は、福岡聖恵病院に咲いております「桜」について少しご紹介させて頂きたいと思います。


今年は暖冬により、福岡は日本一早い桜の開花が予想されます。大切な人と一緒に観る桜は、沢山の想い出が詰まっているのでは。


当院入口より右手に、大きな桜の木があります。立派に花を咲かせてくれます。桜はきれいですが、散ってしまうのは早いもの・・・。ぜひ、一度足を運んでみては、いかがでしょうか?職員一同、心よりお待ちしております。



              yjimage01.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:23 | めぐみだより

2019年03月18日

菜の花まつり

こんにちは。昨日は良いお天気でしたねぇ。みなさんは、何処かにお出かけされましたか?

私は、古賀市の「菜の花まつり2019」に行って来ました。市内筵内地区の6万平方メートルの会場に約500万本!?の菜の花が咲いていました。満開で、辺り一面真っ黄色です。月並みな表現ですが、黄色いじゅうたんみたいです。こんなに多くの菜の花を観るのは、生まれて初めてでした。 (o)

P3170910.JPG


P3170933.JPG


P3170927.JPG

まつりに行くのは初めてだったので、事前に地図で調べて行ったのですが、現地に着くと、通ろうと思っていた道がウオーキングイベントの為に、車は進入禁止に・・・。慌てて別ルートで会場へ、しかし今度は駐車場が分かりません。係りの人に尋ねて、やっと、少し離れた臨時駐車場へ。少々焦りましたが、無事、到着できました。


菜の花畑の中、見物のみなさんは、散策したり、写真を撮ったりされています。また、子供たちは元気よく駆け回っています。みなさん、思い思いに楽しまれていました。中でも若いお父さんに抱かれた赤ちゃんが、菜の花をバックに記念撮影されています。今はまだ分からないけど、将来大きくなって写真を見たら良い思い出になるだろうなぁと思いました。両親の愛情を感じることでしょう。 (^v^)

P3170937.JPG


P3170944.JPG

最後に、何故か鯉のぼりが畑の中でゆらゆらと泳いでいるのが印象的でした。子供の日には、少し早いですけどね。いいアクセントになっていました。

P3170924.JPG

今週には、全国に先駆けて福岡も桜が咲くみたいですね。花見の前に、目一杯、菜の花を堪能できて良かったです。さあ、次は桜ですねぇ。今から楽しみです。 (#^.^#)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:24 | めぐみだより

2019年03月15日

燃えよ剣

みなさん、こんにちは。このブログを書いている3月13日は、何と「新選組」の日だったんですよ。東京都日野市観光協会が制定した記念日だそうです。私は知りませんでしたが、ご存知の方は、そうとうの新選組マニアですかね。


私にとって新選組と言えば、司馬遼太郎先生の小説「新選組血風録」や「燃えよ剣」です。中でも”燃えよ剣”は、副長 土方歳三を主人公とした新選組小説の決定版と言えるでしょう。私もこの小説で土方歳三のファンになりました。(個人的には、二番隊長の永倉新八も好きです。)土方は道場よりも実戦での剣が強くて、また、局長の近藤勇を助けて新選組を強く、大きな組織にしていくところがカッコいいですね。(24名で発足して最大230名になりました。)憧れている人も多いことでしょう。


新選組は京都の町を舞台に大活躍しましたが、その後、新政府軍との戦いで、幕府軍と合流して会津や東北を転戦、最後は箱館の五稜郭にて敗れました。土方も最後まで戦いましたが、この地で敵の銃弾にたおれ絶命しました。享年35歳。(34歳とも)


私が初めて函館の五稜郭を訪れたのは、奇しくも土方歳三が亡くなったのと同じ34歳でした。何かの縁を感じ、一人感慨にふけったのを思い出します。(少しオーバーですが・・・)

土方歳三の分まで生きてやるぞ!と誓ったのもつかの間、なんとなく生きて来て、気付いたらごく普通のおじさんになっていました(笑)


普通でいいんだよねと思いつつも、当時の熱い想いを思い出させてくれた記念日に感謝です。よーし、もう少し頑張ってみるか!


yjimage00.jpg  yjimage99.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:35 | めぐみだより