2019年03月14日

もんた

最近は日も長くなり、あたたかくなりましたね。

今日は、我が家の愛犬を紹介したいと思います。

名前は「もんた」です。「みのもんた」からとった訳ではないですよ(笑)


飼って10年になりますが、まだまだ元気で、私の祖父と一緒に毎日散歩しているみたいです。散歩が大好きで、家に帰ろうとすると頑なに動いてくれません。首輪が引っ張られ顔がスゴいことになってしまいますが、それもまた可愛いです(笑)


最近、地元に帰れていないので、帰った時は一緒に散歩してあげたいと思います。



                 yjimage.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:52 | めぐみだより

2019年03月13日

お菓子教室

こんにちは、食事療養室です。

先日I管理栄養士の家にお邪魔して、シフォンケーキとクッキーを習ってきました。シフォンは、プレーン味とココア味を作りました。

image4.jpeg


image3.jpeg

クッキーは、いろいろな型があって選ぶのが迷うほど!!!楽しかったです (^O^)

image5.jpeg


image7.jpeg

早速、やる気のあるうちにと思い、数日後シフォン型を買って家で復習しました。

以前クッキーさ・え・もうまく焼けなかった私が、シフォンケーキを無事膨らませることが出来ました。(ほっ)

出来上がったシフォンは、こうやってワインボトルに逆さまにしてつるします。

image6.jpeg

家族からは少し堅い、あとは回数重ねるのみとの言葉をもらいました・・・(辛口ですね。)

師匠(I管理栄養士)に聞くと、メレンゲがつぶれたのかもしれないとのこと。やはりお菓子は奥が深いです。

何事も、慣れですね。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:37 | めぐみだより

2019年03月12日

木工の町

みなさん、こんにちは。町で見かけた面白い物のコーナーです(笑)

先日、所用で大川市役所を訪ねると、ロビーに木製の車が飾ってありました。実際に動くかどうかは分かりませんが、(多分動くと思われます)珍しいので思わず写真をパチリ。なかなかのカッコよさです。

DSC_0523.JPG


DSC_0522.JPG


DSC_0521.JPG

また、奥の方には大川市のゆるキャラ「モッカくん」もケースに入って鎮座していました。モッカくんは、大川木工まつりでも活躍している、未来からやって来た木の妖精です。(ちなみに写真の男性は、大川が生んだ有名演歌歌手「大川 栄策さん」です。特技のタンス担ぎが懐かしいですね。)

DSC_0525.JPG

大川市は日本一の家具の町で、市内にはたくさんの家具屋さんがあります。高級なものからリーズナブルなものまで、ピンキリみたいですねぇ。以前、安いかなと思って覗いてみた町一番の大きなお店は、結構いいお値段でした。(高級家具が多かった・・・。)最近は、猫用の家具でも話題になっていましたね。


私の住んでいる町の特産は何か?と聞かれてもよく分かりません。(ほどほどに都会なのですが・・・。)木工の町、家具の町と胸を張って言い切れる「大川」を、少し羨ましく思った今日この頃です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:59 | めぐみだより

2019年03月11日

菜の花

中庭に菜の花が咲いています。

梅の花が散ってから少し寂しい気がしていましたが、今は窓越しに見える「黄色」が、元気を与えてくれます。

CIMG3631.JPG


CIMG3640.JPG

O先生が育てた菜の花でしょう。いつもありがとうございます。毎日、楽しませてもらっています。

CIMG3630.JPG


CIMG3642.JPG

菜の花は、今が見頃ですね。県内にもたくさん名所があるみたいなので、早く他所の菜の花にも会いに行きたいと思っています。 (^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2019年03月08日

「筑後散策〜水天宮〜」

先日、所用で久留米に行った折に、水天宮に寄って来ました。水天宮は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、安徳天皇、建礼門院、二位の尼を祀る神社で、全国にありますが、中でも久留米は全国の水天宮の総本宮として有名です。ご利益は、水と子どもを守り、水難除け、漁業、海運、農業、水商売など、また安産、子授け、子育てについても信仰されています。

(何だかジャンルが幅広いですね。水に関係あるから水商売って・・・、興味深いです。)

水1.JPG


水2.JPG

境内には緑が多く、また、参拝客が少なかったせいか静かで、やけに広く感じました。まず目に入ったのは、参道を入って直ぐにある「真木神社」です。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、幕末、倒幕運動で活躍した久留米藩の「眞木和泉守(眞木保臣)」を祀ってあります。

水3.JPG


水4.JPG

水天宮の第22代宮司でもあった彼は、元治元年(1864年)の禁門の変(蛤御門の変)に、久留米藩の有志たちと参戦、敗れて天王山で自刃します。享年52歳でした。明治維新まで生きていれば、新政府で活躍できたかもしれないと当時に思いをはせ、銅像を見上げながら、郷土の偉人として、もっと有名になって欲しいなあと思いました。(私の大好きな西郷どんのように・・・。)


直ぐそばを筑後川が流れ、川面を見ていると何だか時もゆったりと流れているようでした。たまには、こんなひと時もあっていいかなと思いながら、家路に着きました。

水5.JPG


水6.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより