2019年04月22日

「ゴスペル」

みなさん、こんにちは。昨日は、当院の「第19回花まつり」でした。お天気が良く行楽日和の中、(選挙もあっていましたが)たくさんの方々にご参加いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。


さて当日は、メインステージの出し物で、新しく「津軽三味線」の演奏と「ゴスペル」の合唱がありました。どちらも大変良かったのですが、今回はゴスペルについて、少し個人的な感想などを・・・。


ゴスペルと言うと、キリスト教プロテスタント系の宗教音楽ですね。私がすぐ頭に浮かぶのは、映画「天使にラブ・ソングを」です。ウーピー・ゴールドバーグ主演のコメディで、なかなか面白い映画でした。


当初、出し物でゴスペルがあると聞いた時、少し違和感が・・・、何故なら聖恵ホールには、観音様がいらっしゃるのです。観音様の前でキリスト教の音楽!?と思ったのですが、当日歌ってくれた「J&J(ジョイフル・アンド・ジョイフル)」のMCの方が、「ゴスペルと言うと=キリスト教みたいに思われますが、そんなに宗教にはとらわれません。私も仏教徒ですよ。」みたいなことを言われていたので、何だか妙に納得。特に洋楽だけではなく、日本の歌(ハナミズキ他)も歌ってくれたのですが、すごくゴスペルと合っていて、感動しました。

DSC00692.JPG


DSC00690.JPG


メインボーカルの方の迫力ある歌声と、メンバーの方のコーラスが相まって、すごく良かったです。(余談ですがメンバーの中に、職員によく似た人が居てビックリ・・・、よくよく見たらご本人でした)また、見たいな、聞きたいなと思った、ゴスペル初体験でした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:23 | めぐみだより

2019年04月19日

ちらしずし

食事療養室です。 \(^o^)

いよいよ大型連休が近づいてきました。

みなさま、連休はどう過ごされますか?


連休中、我が家には姪が泊りに来ることになっています。

子供たちは、いとこ同士で一緒に寝るのを楽しみにしているようです。

こんな時に悩むのが食事、準備に時間がかからなくて、子供たちが楽しく食べられて、片づけやすくて、ごちそうにみえる、そんな条件を満たしてくれるメニューはなかなかありません。

こんなときの最近の我が家の定番は「ちらしずし」です。


すし桶いっぱいにちらし寿司を作り、食卓の真ん中にどん!存在感たっぷりです。子供たちには、海苔でまいて手巻ずしにします。

食事の量を気にしている大人は、ご飯は少なめ、お刺身や具を多めにします。

それぞれ、自分の食べ方に合わせてすし桶からとるので準備も簡単です。

スナップエンドウやグリーンピースなどお豆の美味しい季節です。トッピングに加えると彩りもよくなります。


E324DD21-8633-45EB-8E77-DCD72EF5116B.jpeg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:39 | めぐみだより

2019年04月18日

春を楽しむ

こんにちは。

いつものように、仕事終わりに子供の迎えに行き、帰宅していると…、いいものを発見しました。


もうすぐ、ゴールデンウィーク…10連休…私は、10連休ではありませんが  (*´Д`)

こどもの日が近いことを感じ、近くまで行ってみました。

写真1.jpg

見事なこいのぼりです。

写真2.jpg


写真3.jpg

こいのぼりを見ながら、なぜか子供たちは、忍者走り、忍者崖登り…強い忍者になるための訓練をしていました。


さらに近くには…、

写真4.jpg


写真5.jpg

ツツジ、モクレンも咲いていました。


桜は散りましたが、まだまだ春を楽しめそうです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:41 | めぐみだより

2019年04月17日

「無影樹の春」

満開だった桜も花が散ると若葉が美しく春風に揺れています。

桜に負けずに咲いていた花たちを、デイケアご利用者様たちが持ち寄ってくださり、室内でも春を楽しめています。

無影樹ブログ用0416 001.JPG


無影樹ブログ用0416 002.JPG


無影樹ブログ用0416 004.JPG


手作りの花も、負けていません。

無影樹ブログ用0416 004 - コピー.JPG


無影樹ブログ用0416 005.JPG


ドライフラワーになっても、魅せてくれています。

無影樹ブログ用0416 003.JPG


今回のブログで写真は公開していませんが、ご利用者様たちは花に負けない笑顔を魅せてくださっています。無影樹の春は、まだ、始まったばかり。

人生も春、これから楽しみます。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:00 | めぐみだより

2019年04月16日

レンゲソウ

みなさん、こんにちは。最近、レンゲソウ畑を見なくなりましたね。以前は、この時期、遠くから見るとピンクに見える畑が、あちこちで結構見られたものですが・・・。


先日、福岡インター近くの畑(秋には、きれいなコスモス畑になります)の一角が、ピンク色に染まっているのを見つけて、思わず近くに行ってみました。紅紫色の花が咲き誇る、立派なレンゲソウ畑です。うれしくなって写真をパチリ、パチリ。 (^v^)

P4140984.JPG


P4140982.JPG


P4140983.JPG

今回、このブログを書くに当たってレンゲソウのことを調べてみると、あらビックリ。「げんげ」と言うのが標準和名だそうです。初めて知りました。今まで聞いたことなかったですねぇ。(言ったこともないです)あと、以前はどこの田んぼでも種をまいて緑肥(草肥)としていたそうですが、化学肥料が普及したのと、イネの早植えと緑肥の生産スケジュールが被ったりして次第に姿を消していったそうです。それから、レンゲソウは食べられるんですね。(春の若芽はおひたしに、花は天ぷらに・・・)またまたビックリでした。 (o)


知っているつもりでも、意外と知らないことは、世の中にはいっぱいありますね。今後もブログを書くのも勉強だと思って、頑張りたいと思います。 (#^.^#)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:23 | めぐみだより