2015年03月12日

油山

はや三月。

油山を散策してきました。



山上には、咲き始めの香り高い沈丁花、早咲きの桜、そして、今にも花を

咲かせそうな生きの良いタンポポの葉…

ここかしこで春の到来を告げるものに出会います。

2015022816250001.jpg  2015022815200000.jpg  2015022816330000.jpg


山道を三十分も歩けば、足の裏から温もり、足の裏が一歩一歩、大地を

踏みしめる感覚に意識が集中していました。


その日は、やや浮かない気分をかかえての入山でしたが、山の空気を

吸っているうちに、全身の空気がすっかり入れ替わったような、爽やかな

気分で下山しました。



なお、ご存知の方も多いと思いますが、「油山市民の森」は、車いす対応トイレやまごころ駐車場、さらには障害者優先キャンプ場まで、バリアフリーに対応した箇所も多くあります。

車いすの方でも介助があれば、展望台まで登らずとも、アスファルトで整備された全長3.4kmの舗装道路から、素晴らしい眺望を楽しむことができます。

(ルート上にも梅園や吊り橋、紅葉谷や椿の森があります。)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:59 | めぐみだより