2015年03月17日

いなり寿司

最近暖かくなってきましたね。

春の陽気になってきました。


本日は317日ということで・・・


毎月17日は「いなりの日」だそうです。



いなりと言えば、  

油揚げを甘く煮付けて寿司飯を詰めたものですよね。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

家庭で食べたり、行楽の弁当でもよく入っていたり、

今からの季節には活躍するお寿司です。



四角や三角の形をしていたり、

具も人参やしいたけ、レンコン、ごま、紅生姜、

切り干し大根やちくわを入れたりする家庭もあるようですね。


yjimage3.jpg yjimage.jpg yjimage2.jpg


皆さんはどんなものをいなり寿司に入れていますか?



このいなり寿司、とても体にいいそうなのです。


疲労回復に効果があるアミノ酸とクエン酸を同時に摂る事ができるそうで、

揚げの中にはタンパク質やカルシウムと鉄分が入っていて、揚げた油にビタミンE、そこにクエン酸である酢が染みています。


冬から春に向けて気温の変化が激しく、環境の変化も著しいこの時期、

身体の為に食卓にいなり寿司はいかがでしょうか・・・

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:00 | めぐみだより