2015年06月08日

「瑠理ばっぱの育ばば日記〜屋久島編〜」

私の孫の日高星南が、みのり保育園に入園してからひと月が過ぎました。保育園生活では少しずつ笑顔が出るようになり、1日保育にも慣れてきました。

その星南は、4月29日で満1才の誕生日を迎えました。星南の父の実家は屋久島です。「初誕生の祝いは屋久島で…。」と星南のルーツである屋久島へ5月の連休を利用して行ってまいりました。

産まれて初めて祖父母(屋久じぃ、屋久ばっぱ)の家へ行き、記憶のない乳児期に2回しか会ってない屋久じぃたちとの対面は、泣、泣、泣。また餅ふみでは、曽祖母の準備してくれた餅を背にからい、もちろん草鞋を履く時点で大泣き。なんとか餅ふみをして選び取り…電卓、マイク、お金等たくさんある中からボールペンを取りました。屋久じぃのおっしゃるには、屋久ばっぱの由美子さん、 星南の伯母さん(屋久ばっぱの娘さん)と2代にわたり漫画家志望だったとか…。これで3代続くんでしょうか…笑。

5月の背くらべ…屋久じぃ手作りの屋久杉の柱で、子どもから大人まで誕生祝の出席者全員の身長を測りました。その柱は星南が20才になったら、屋久じぃがプレゼントしてくれるとの事でした。

しかし、屋久島は遠かった… でも、素晴らしい自然の中で命の洗濯をして来ました。

有田@.JPG 有田A.JPG

有田B.JPG
拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:46 | めぐみだより