2015年10月02日

「新・放射線室の旋風@」

(身近な集団的自衛権の巻)


先日、某ドラッグストアで買い物をしていた時でした。「もし、万引きを目撃されましたら、速やかに従業員にお知らせくださいませ。」と店内放送が流れていました。その時は特に何も思わなかったのですが、後で良く考えてみると、これって集団的自衛権ですよね?

某ドラッグストアを仲良くしている店と考え、その店が危険(万引き)にさらされている。そこで自分も協力し、共に危険に立ち向かう。そう考えると分かりやすいでしょうか。


本物の集団的自衛権に対し、世論の半数以上は、反対の態度を取っているようです。きっとこれは、日本が戦争に巻き込まれることを危惧してのことでしょう。これを踏まえて、今回のドラッグストアでの集団的自衛権ですが、もしかするとあなたが従業員に通報するという「後方支援」を犯人に目撃され、逆上した犯人が、あなたへ身体的危害を加えるという可能性は否定できません。戦争という大規模なことではないけれども、あなたに被害が及ぶかもしれないという点では、一致しているのではないでしょうか?


どうしますか?この身近な集団的自衛権。

争いに巻き込まれたくはないけれど、万引きは立派な犯罪です。怖いから無視しますか?それとも正義感から通報しますか?

それは、あなた次第です・・・。

万引き.jpg       戦車@.jpg


皆さん、お久しぶりです。放射線室の旋風です。意外と早く戻って来てしまいました。(^o^)

これからは、皆さんの身近な話題や疑問に、するどく旋風を吹き込もうと思っています。また、お付き合いの程、よろしくお願いいたします。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:10 | めぐみだより