2017年09月05日

夏の家族旅行

8月21日から一泊で、大分県に行ってきました。


初日は、九重町にある「ホット ラグーン大分」という源泉かけ流しの温泉リゾート。

温泉のプールなので当然温かいのですが、子ども達は「夏のプールが温かい」と言うのがイヤだったようで、最初は「熱い!熱い!」と文句ばかりでした。しかし、そんな文句もすぐ解消され、温かいプールを目いっぱい楽しんでくれていました。

DSC_1140.JPG

宿泊は、九重町の湯坪にある宿にしました。仲居さんと仲良くなった息子は、敷地内にあるブルーベリーの収穫を、蚊に刺されながらも楽しそうに手伝っていました。


翌日は、宇佐市にある「岳切渓谷(たっきりけいこく)」へ。

ここは友人に勧められた場所だったのですが、すごくいい場所で本当に良かったです。


岳切渓谷は、耶馬溪の溶岩で出来た一枚岩の岩盤の上を、冷たい清らかな水が流れる渓谷で、自然林に囲まれた約2Kmの水流遊歩道になっています。水深は、ほとんどの場所が10cmくらいで、深くても50cmありません。急に流れが速くなる所もないので、普通の川や渓谷より安心して子どもを遊ばせることが出来ました。

DSC_1206.JPG

子ども達も、前日に行った温泉プールよりも渓谷の方が楽しかったようで、(あくまで個人的感想です)いつまでもいつまでも遊び続け、帰りたがりませんでした。力いっぱい遊んだ帰り道は、二人とも車の中でぐっすりでした。


毎回、子どもに合わせた旅行ですが、今回の渓谷遊びは大人も十分楽しめました。また行きたいと思える場所になりました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:26 | めぐみだより