2017年09月06日

デイケア無影樹 夏の活動報告

皆さま、こんにちは。

9月に入り涼やかになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、デイケア無影樹の7月、8月と最近の活動の様子をご紹介します。


7月は、七夕でした。利用者様お一人お一人じっくり時間をかけて短冊に願いをのせ、笹の葉に結びつけておられました。笹は暑い中、作業療法士のスタッフが、山の中に入り取ってきてくれた見事なものでした。 (^−^)

ありがとうございました!

1.JPG


8月は、台湾の学生さん達と一緒に活動しました。これは、学生さんと利用者様が折り紙で色とりどりの蝉を折って、台紙の木にたくさん貼り付けてくださいました。お互いに、一生懸命に教えたり、教わったりして、笑いの絶えない明るい雰囲気でした。 (^−^)

2.JPG


これは、最近の作品で、まだ創作途中の物です。テーマは「今年の干支」です。作り方は、まず色紙をスタッフがある程度カットし、それを利用者様にお配りします。その後、利用者様がその紙を串に巻き付け、クルクルして部品を作り、ボンドで台紙にくっつけられます。素敵な作品が、出来そうです!

完成したら、またご紹介しますね。 (^−^)

3.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:13 | めぐみだより