2018年07月04日

「ペイフォワード」

こんにちは。食事療養室です。

ここ数日、蒸し暑い日が続いています。

しかしながら、梅雨明けも間近、夏の訪れを楽しみにしている今日この頃。


先日、一足先に夏を楽しむべく、沖縄へ行ってきました。

大親友がいることもあり、私にとっては身近に感じる場所となっています。

気候も人も温かく、訪れるといつもいろいろな親切をいただいています。

そしてその度ごとに「ペイフォワード」という言葉を思い出すのです。


「ペイフォワード

ある人物から受けた親切を、また別の人物へ新しい親切で繋いでいくこと」

ご存じの方も多いかとは思いますが、欧米ではよく耳にする言葉です。

私も、特に海外の旅先では様々なペイフォワードを受けた経験があります。


今回は沖縄で離島めぐりをしたのですが、ある島でペイフォワードを感じる体験をしました。

海遊びの道具を一切持って行っていかずにのんびりしていた私たち。潜らずにきれいな魚を見つけて大騒ぎしていました。

そんな姿を見ていた海の家のおじさんが、深いところはきれいな魚がもっといるよと、シュノーケルセットなどを貸してくださいました。

何でも、ご自身が初めてその島を訪れた時に感じた感動を思い出し、私たちに美しい海をもっと楽しんで欲しいと思われたとのこと。

とても嬉しく心満たされる時間となりました。

zamamiisland.jpeg 

今回もたくさんの優しさを感じた時間でした。

私も、この優しさをまた他の誰かにお返しできるようになれたらなぁ・・・。

公私ともに通じることかと思います。

気持ち新たにそのようなことを思う今日この頃です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより