2018年07月24日

国境の島

こんにちは。7月も下旬になり、ますます暑い日が続きますね。

今日は、私の地元の長崎県対馬市を紹介したいと思います。

対馬市は博多港から航路で132キロ、韓国までの直線距離49.5キロに位置し「国境の島」と呼ばれています。韓国との距離が近いことから最近では韓国から観光に来る方が多いみたいです。

海対馬 .jpg


対馬 山.jpg

対馬は島全体が海に囲まれており、とても海が綺麗で海の幸が豊富です。また島の約80%が山地であることから山の幸も豊富です。

夏になると家族や近所の方とバーベキューをするのですが、肉や地元で採れた野菜、近所の漁師さんからもらったアワビやサザエを焼いて食べていました。海や山の幸を使った料理がとても多く、地元に帰る楽しみの一つにもなっています(笑)

対馬 BBQ.jpg

また、日本最北西端の石碑がある悼崎公園や絶滅危惧種のツシマヤマネコがいる対馬野生生物保護センター、海の中に鳥居がある和田都美神社(わたづみじんじゃ)など観光スポットもたくさんあります。

みなさんも是非、対馬の自然にふれてみてください。

ヤマネコ.jpg


神社和田都美.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:26 | めぐみだより