2018年08月03日

かえると風鈴 A

さて、前回の続きです。境内の風鈴を眺めて、たくさん写真を撮り、満足した私は、次に「かえる」たちを見物することにしました。ここ如意輪寺には、約3,000体のかえるの置物やオブジェ、グッズなどがあるそうです。(一説には、5,000体とも言われています。多すぎて正確な数は、分からないのかも・・・。) (o)

P7210641.JPG


P7210661.JPG


P7210669.JPG

こんなにかえるが増えたのは、元々、ご住職が中国に旅行された際に、骨董品のかえるの置物を買って帰られたのが始まりだとか。それから徐々に増え始め、半分以上はご住職自身が集められたものだそうです。(残りは、寄贈されたものでしょうね。私もいいものがあったら、持っていって仲間入りさせたい気分です。)

今では、「かえる寺」として有名になり、参拝や見物客で大賑わいみたいです。


たくさんのかえるたちを見て回っていると、色んな形や素材のものがあり、また写実的な本物みたいなものからマンガチックなものまであって、何だか楽しくなりました。おやっ、かえる以外にも色んなものがあります。龍神様や七福神、不動明王、仁王像などなど。それから何故か「くまモン」までいましたよ。ちょっとしたテーマパークみたいです。 \(^o^)

P7210651.JPG


P7210668.JPG


P7210673.JPG


P7210680.JPG

色んなかえるたちを見て、最後にかえるの石像と握手をした後は、駐車場で巨大な五円玉(ご縁玉)に見送られて、家路に着きました。次回は、紅葉の頃に行きたいと思っています。

DSC_0418.JPG


P7210671.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:47 | めぐみだより