2018年08月10日

日本の神話とギリシャ神話の起源 B

今回は、恒星惑星の違い及び天動説地動説について簡単に説明する。

恒星とは・・・自ら光輝く星(核融合反応によって光を出している) 


惑星とは・・・太陽の光を反射して輝く星(太陽の周りを公転する)地球もそのひとつである。


天動説 ・・・地球の周りを太陽、月、遊星、恒星はすべて地球の周りを回っている(コペルニクス説)


地動説 ・・・地球を含む惑星が太陽の周りを回っている、と地動説を唱えた人物はガリレオ、ガリレイだが当時天動説が国の正論と考えられていたためガリレオ説は受け入れられなかった。しかし後にこの地動説を数学的に証明したニュートンは(万有引力の法則の発見者・・すべての物体はお互いに引き合う力を持っている)惑星運動は太陽の引力によるものであると発表する。「リンゴは木から落ちる」は有名だがこの話はニュートンのキャッチフレーズ的な存在となっているが木になっているリンゴが熟せば支えているヘタも枯れ重みに耐えられず落ちるのである。引力とは全く関係がない後付の作り話である。(続く)


                     ガリレオ・ガリレイ.jpg        

                         ガリレオ・ガリレイ

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:40 | めぐみだより