2018年08月17日

日本の神話とギリシャ神話の起源 E

冒頭に神話の杜、霧島連峰を背景に神話伝説発祥の地という事を踏まえ、最後に天孫降臨説について少し紹介する。


天照大神の孫、瓊瓊杵命(ニニギニノミコト)は天照大神から高天原(たかあまがはら)天上の国から地上の国、葦原中津国(あしはらのなかつのくに)日本国を統治せよとの神勅を授かり三種の神器を携え妻、木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)と神々をつれ宮崎県と鹿児島県の県境に鎮座する高千穂峰へ降り立ったとされる。この事を天孫降臨と云う。瓊瓊杵命が高千穂峰に降りたときに突き刺したとされる草薙剣を坂本龍馬が新婚旅行で立ち寄った際にこの剣を引き抜いたという記録が残されている。現在の剣はレプリカで観光の目玉として残されている。 

 神勅・・・神の詔  みことのり(神の命令)

三種の神器.bmp    

三種の神器    形代・・・レプリカ


世界の神話や日本の神話(古事記や日本書紀)の出来事を信じるか否かはあなた次第《神話や伝説の裏に隠れた真相を掘り起こすことで新たな真実が浮かび上がる》かも知れない。

古代の神話がフィクション、ノンフィクションであれ神秘に包まれた太古のロマンに興味があれば、 Let`s talk is next time good by!!

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより