2018年08月29日

やる気が出ないときはコレ!

こんにちは。

突然ですが、体調はどうですか?夜はしっかり眠れていますか?


携帯をポチポチしていると、こんな記事を見つけました。


“やる気が出ないときはコレ!「片鼻呼吸法」で頭スッキリ、快眠にも!”


「片鼻呼吸法」とは、左右の鼻の穴の呼吸を意図的にコントロールする方法です。
片鼻呼吸法のカギとなる一酸化窒素が血管を拡張し血流を良くする作用があるといわれています。

脳の活性化だけでなく、全身の血管にも作用し血液循環もよくするとか。

片側の鼻だけで呼吸する→鼻の中で一酸化窒素が作られやすくなる→血流が促進され脳にグングンと酸素や栄養が送られて活性化する!という仕組みだそう。


そして人間はフダンから、鼻の片側でしか呼吸をしていません。鼻の粘膜の乾燥を防ぐための「交代制鼻閉」という生理現象で、自律神経が関係しているといいます。


「片鼻呼吸法」の実践方法を「酸素めぐるの片鼻呼吸」の四コマ漫画と共にご紹介!

写真1.jpg

慣れてきたら5分くらい(20回程度)かけて行なうと効果的です。頭がスッキリして、顔の血流もよくなります!


「左右の鼻呼吸を交互に行なう」ことで自律神経が調整され、イライラの抑制や快眠にもつながるといわれています。脳と鼻腔の位置が近いので、ヒートした脳を冷やす効果も。是非おためしあれ〜

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより