2018年10月04日

安居の敬老会

敬老の日とは、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から始まったとされ、多くの施設でその日に催し物をされていることと思います。

1.JPG

グループホーム安居でも毎年出し物など行っていますが、今年は「水戸黄門」の寸劇をすることになりました。職員が一から台本を考え、衣装を持ち寄り、時間の許す限り練習をして少しでも楽しんで頂けたらと準備をしました。


当日は、職員皆ドキドキしながら舞台に上がりましたが、入居者様も温かく見守ってくださり、途中笑いありで楽しく過ごして頂けた様で、ホッとしました。

2.JPG


4.JPG


5.JPG


6.JPG


そして、敬老の日特別のお弁当も、おいしそうに召し上がって頂きました。

7.JPG


8.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:20 | めぐみだより