2018年10月05日

親孝行

先週末の土曜日に、実家の母と一緒に佐世保まで法事に行って来ました。私の父方の伯母の初盆参りです。当日の天気は曇り時々小雨で、台風24号が来ていたのでビクビクしていましたが、何とかお墓参りまですませることが出来ました。夏から予定が延び延びになっていたので、無事に終わってホッとしました。


思えば、伯母さんには、小さい頃から「ゆう坊、ゆう坊。」と呼ばれ、大変可愛がってもらいました。もうその名前で呼んでくれる人も少なくなったなぁと感慨深いものがあったのですが、従妹のお姉ちゃんから普通に「ゆう坊!」と言われたので、まだ呼んでくれる人がいると少しうれしくなりました。


次に母の母方の親戚に会いに行って来ました。そこで母の叔母と従妹が同じ施設に入っていると聞いたので、その場所を探して訪ねてきました。市街地からは少し距離があったのですが、無事に着くことが出来ました。久しぶりに会った大叔母さんは、認知症で母のことがよく分からないみたいでしたが、母はとても懐かしそうに話をしていました。また、母の従妹は、体が少し不自由ですが、頭はしっかりしているので、母もうれしそうに話しこんでいました。


帰りに母のリクエストに応えて、高速のサービスエリアのレストランで、遅めの昼食に「ちゃんぽん」を。以前、食べた時は美味しかったそうなのですが、今回は・・・、とのことでした。うーん、私は、美味しくいただきましたが・・・。

DSC_0449.JPG


いつのまにか母も年をとり、一人で遠方まで行くのは難しくなりました。必然的に私が一緒に付いて行くことになります。日頃は離れて暮らしているので、少しは親孝行になったかなぁと思いつつ、家路に着きました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:34 | めぐみだより