2019年01月22日

「不登校、引きこもりの子どもを持つ親(家族)の会」

毎日、厳しい冷え込みが続いていますね。皆さん、体調を崩したりしていないでしょうか。


今回のブログでは、福岡聖恵病院の臨床心理士が行っている、「不登校、引きこもりの子どもを持つ親(家族)の会」についてご紹介します。


「子どもが急に学校へ行かなくなった」、「子ども部屋から出てこなくなった」。そんな悩みを抱えている方が集まって、それぞれの気持ちを自由に打ち明けることができるのが、「親(家族)の会」です。


自分の子どもが何か悩んでいるようだけど、どう接したらいいか分からない。

子どもが引きこもっていることは、他のママ友たちには相談しにくい。でも、この悩みをひとりで抱えるのは苦しい…。


そう誰かがぽつりと打ち明けると、他の参加者が「わかります!」と共感してくれる。そんな、優しい雰囲気が「親(家族)の会」にはあります。


温かいお茶とお菓子もご用意しています。ひとりで悩みを抱えている方がおられましたら、一度「親(家族)の会」に参加してみませんか?


詳細は、福岡聖恵病院の外来待合室に置いてあります、チラシをご覧ください。または、病院にお問い合わせ頂けましたら、詳しいご説明をいたします。


双葉 ブログ用H31.1.21.jpeg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより