2019年02月15日

「笠地蔵ならぬニット帽地蔵?」

聖恵ビハーラの周りには、6体のお地蔵さんがいつも私たちを見守ってくれています。このお地蔵さんに、ある患者さんがお帽子とマフラーを編んでくださいました。


その患者さんは、昨年、自宅に退院されるときに、「冬にお地蔵さんが寒いから、私が作ってくるね。」と言って約束していただいて、冬になるときに本当に編んでくださいました。

IMG_5207.JPG

サイズも測らずに、ピッタリと合うように編んでくださったニット帽。

お洒落にみえるように、マフラーまで編んでくださいました。

現代版のお地蔵さんへの奉公かもしれませんね。

もしかしたら、昔話の「笠地蔵」のように、お地蔵さんが夜中にいろんなものを持ってやってくるかも?


そんな2月15日は、お釈迦様がお亡くなりになった日(涅槃)でもあります。

お釈迦さまのお徳を慕い、お地蔵さんへの奉公と同じように、報恩・感謝の気持ちで、1日1日を過ごしていこうと思います。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより