2019年05月10日

話題の神社へ行ってきました!

みなさん、こんにちは。先日、新元号「令和」ゆかりの神社として話題の「坂本八幡宮」へ行って来ました。連休中は、すごい人出で大盛況だったとのこと。お世話をされていた氏子さんの中には、疲労でダウンされた方もいるとか・・・、お気の毒ですね。私は休み明けで、少しほとぼりが冷めたかなと、平日ねらいで行って来ました。


さて、現地に着くとまず都府楼跡の駐車場に車を停めました。なるほど看板には、「氏子は応対できません」と書いてありました。しょうがないですよね。そしてそこからは、歩きです。多分こっちだろうと思って、坂を上って行きます。周りの観光客も一緒だから大丈夫でしょう。


坂の途中で人だかりのしている所が・・・あっ、ここが坂本神社!?あれ、私が思っていたのより、だいぶ小さいです。写真を撮りながら、そばでスマホを向けていた男性に「思ったより小さいですね。」と声をかけると、その方も「そうですね。これで休みの間は、一日5,000人も来てたんでしょう。スゴイですよね。」との答え。私もその混雑ぶりを想像したら、頭がクラクラしました。平日で良かったです。大きければいいってものではありませんが、報道がすごかったので、勝手にイメージが膨らんでいました。

P5081000.JPG


P5081003.JPG

でも、少ないとはいえ、参拝するのに行列に並びました。今回はお祝いなので、お賽銭も奮発して、茶色ではなく銀色を投げ入れます。無事参拝を済ませると、境内にある万葉歌碑(大伴旅人作)を見ました。これも令和ゆかりなんですよね。その後、都府楼跡の緑にいやされながら坂道を下って行き、家路に着きました。

P5081007.JPG

P5081010.JPG
拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:47 | めぐみだより