2019年06月11日

指導の面白さや難しさ

私は、かつては車の運転技術指導に従事していた経緯があり、技術を人に教える事の難しさは心得ていたつもりだったが、スポーツの場合は車とは勝手が違い失敗した場合の原因究明を特定することが難しい、それは精神的な部分による原因や技術的なものが複雑に絡むからである。

今回の指導は、老若男女問わず親しまれているボウリングを指導する事となった。彼は「自分は運動音痴で俗に云う鈍くさいタイプなんです。」とスコアは100そこそこが精いっぱいと答える。では、その原因がどこにあるのか彼の投球を見て感じたのは助走に問題がある事がわかった、それは助走の際、足の運びが一定の運びにならず、一歩踏み出すリズムが毎回違い、そして小刻みな歩きで幅広くステップしたりと歩くリズムが乱れ、その為投球直前の踏切りが上手くいかずテイクバックからスムーズなスローインができず、繰り出す投球バランスも悪く球のコントロールができなくなってしまうのである。

体育競技の跳び箱運動に例えると、助走して飛ぶ直前の速度と歩幅調整の方法が踏み板の踏切りタイミングと同様の感覚なのだが、この感覚機能を掴み取り改善するとかなりの成績を残せるようになると考える。とはいっても歩くことから修正しなければならないので、本人にとってはかなりの努力は必要である。早速、一緒になって練習に入り、まずは足のつま先をまっすぐに出し歩幅を一定にして歩く事から始めた。最初のうちはなかなか上手くいかず苦労の連続だったのである。常日頃、歩くときにつま先に集中しまっすぐに意識を持ち、足を繰り出すという事の大切さを頭に残してもらい後は反復練習の繰り返しである。それができるようになると、助走速度と踏切りの微調整の段階に入ってくる。そして投球フォームとテイクバック、スローインへと技術的な段階へと取り組んでいく事になる。このように考え方と練習のポイントを指導していくので、実践において活用できれば必ず良い成績を残せる日が来ると思う。

何事もコツコツと努力の積み重ねる事が成功への近道である

「千里の道も一歩から・継続は力なり」

このような銘を掲げ投げる練習は、一月に一度から2回くらいにしておき段々と回数を増やして行こうと考えている。今年一年間のアベレージの目標は、120から130 それから150170へと上げていこうと考えている。レベルアップ毎にミスの原因が高度になり難しくなっていくだろうと思うが、長い目でアドバイスを続け見守りながら今後の彼の成長ぶりに期待し、自分も更にレベルアップを目指し練習を積み重ねていこうと思う。

yjimageZT6SIBYF.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:29 | めぐみだより