2019年06月14日

扇としょうぶまつり

先週末、香椎宮の「第38回扇としょうぶまつり」に行って来ました。雨天決行とありましたが、当日は幸いお天気にも恵まれ(梅雨入りもせず)、まずまずの人出でした。今流行のチーズハットクや焼き鳥など色んな食べ物の屋台や昔ながらのお面の出店もあって、かなり賑わっていましたよ。いい匂いに誘われましたが、昼ご飯を食べたばかりで、食欲がわかず、残念でした。(買い食いしている人がうらやましい。次回は、空腹で行きたいと思います。)

P6091037.JPG


P6091038.JPG

ステージの催し物を待っていましたが、中々始まらないので、その間に石段を登って、境内の片隅にある扇塚の方へ。すでに扇の供養が始まっていました。私も初めて見学します。関係者のみなさんが見守る中、神主さんによって厳かに執り行われていました。ここだけ周りとは空気感が違うようです。(扇の関係者というと、日本舞踊とかですかね・・・。)

P6091033.JPG


P6091032.JPG

その後また、石段を降りて、ざわつく屋台や出店をのぞきながら、池のしょうぶも眺めつつ、境内を散策です。帰りに、駐車場の片隅で一生懸命太鼓の練習をしているグループを見かけました。おそらくステージの出番前でしょう。頑張れ、頑張れと心の中で応援しながら家路に着きました。

P6091030.JPG


P6091036.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより