2019年08月09日

熱中症予防

こんにちは、食事療養室です。

猛暑日が続いていますが、夏バテなどされていませんか?

暑い日が続く時期に、気を付けたいのが『熱中症』

「体調が悪いような気がするけど、このくらい平気」と放っておくと、悪化して救急車を呼ぶ事態になってしまうこともあります。特に子供や高齢者の方は注意が必要です。


熱中症を予防するポイントとしては

@暑さを避ける

Aこまめに水分を補給する

以上の2点です。


@暑さを避ける というのは室内ではエアコンや扇風機を使用して温度を調整し、外出時には日傘や帽子を着用して、暑さをしのぐ工夫をしましょう。


Aこまめに水分補給する というのは室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液(スポーツドリンク)などを補給しましょう。お水だけ飲んでも、汗から失った塩分を補給しないと、体液不足に陥ってしまいます。


夏はまだまだ続きます。

くれぐれも熱中症には、気を付けましょう。

 necchusyou_shitsunai.png

                          

参照:厚生労働省 リーフレット

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:35 | めぐみだより