2019年08月16日

ひまわり畑

近年、警備費の増大や観客のマナーの悪さから花火大会が減少しつつあるようです。

夏の風物詩が無くなってしまうのは寂しいことですね。

さて、夏真っ盛りという事で、病棟ではひまわりの飾りを製作し出入口に飾っています。

CIMG4416.JPG

昨年プライベートで柳川のひまわり園に行ったのですが、その時のことを思い出しながら患者様達と製作しました。


ちなみにひまわりの花言葉は「憧れ」や「あなただけ見つめている」との意味があるのですが、種類によっては意味が異なってきます。

小輪のひまわりは「高貴」「愛慕」であるのに対して、大輪のひまわりは「偽りの愛」や「偽金持ち」との意味があるそう。

異性に大輪のひまわりを贈ることは、避けたほうがよさそうですね。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより