2020年02月18日

梅の名所

先週末、佐賀市にある高伝寺に行って来ました。ここ高伝寺は、旧佐賀藩主鍋島家の菩提寺として有名な曹洞宗のお寺で、また梅の名所としても知られています。

梅@.JPG

車のナビを頼りに、まずは駐車場に到着。受付で拝観料300円也を支払います。(梅を見るのにお金が要るとは・・・)よーし、元を取るまで見てやるぞ!といざ境内の中へ。うーむ、中々広いですねえ。当日は、冬なのにポカポカ陽気で、広い境内を歩き回るとうっすらと汗ばむくらいでした。


肝心の梅の方はと言うと、さすがに名所だけあって、紅梅、白梅、ピンクなど色とりどりで、一つ一つの花びらも大きいものがあって、見応えがありました。お寺だけあって梅の側に墓石がたくさんある場所もあったので、失礼のないように見て回りました。

梅A.JPG


梅B.JPG


梅C.JPG

私はスマホで撮影していましたが、プロのカメラマン並みのスゴい一眼レフを持った見物の方も居て、ビックリでした。(スマホでもまあまあ、いい写真が撮れましたよ)帰り際、受付の方に「梅が多くて、花びらも大きくてすごいですねえ。」と言うと、「他所とは違うでしょう!」とのお言葉が・・・。(かなり自信があるみたいです)


結果、有料ですが、300円だったらまあいいかな(お得かも)、また、来年も来ようかなと思いながら、家路に着きました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:07 | めぐみだより