2020年07月09日

フラリーマン日記 episode.32「陸上部編:続編」

前回のブログで、陸上部に所属していた時の事を書きました。

往時茫々ながら中学時代を思いおこし、懐かしい思いで原稿を作成しました。


私は特にノスタルジーに浸る趣味はありませんが、自分が今の息子たちと同年代だった頃の出来事や社会現象等を自分の写真と混ぜながらプロフィールし、当時流行した曲をバックミュージックにしてDVDに焼いたものを子ども達に見せても面白いかなと思いました(子どもには昭和後期の歴史の勉強です(笑)。時間がある時にでも作成したいと思います。

ブログ用.jpg

閑話休題。先日、長男より「お父さんと一緒に走りたい」と言われました。

それじゃ、って感じで家と古賀グリーンパークの間を往復する事にしました(往復で4qくらいでしょうか)。

ブログ用2.jpg

最初の内は軽快に走れていたものの、この距離を走るには、私のなまりになまった身体では結構キツかったです。途中からは、もはや元陸上部としての意地と気合いしかありませんでした。グリーンパークに着く頃には心拍数はレッドゾーンに、グリーンパークが折り返し地点の予定でしたが、到着時には既にゴールした気分になっていました(笑)。

ブログ用3.jpg

帰りも何とか走りきり、這々の体で家に帰りつくと、妻から「勝負して負けたんだから新しい体温計買って。」だって。長男に聞くと、長男が勝てば私が体温計を買う。私が勝てば妻が体温計を買うという話が、私のいない所で妻と長男の間で取り決めされていたとの事でした。


重力を知り過ぎた腹をもつタプタプのオヂサンが毎日数km走り込みをしている長男に勝てない事など、容易に想像がつきます。私が体温計を買う役をアサインした妻の魂胆は明々白々でしたが、今使っている体温計が古かったこともあり、まあいいかと購入。


新しい体温計になって計測時間が5分から8秒へと短縮されたことで、私も朝の検温が楽になりましたけど(笑)。


コロナウィルス禍。個人で出来る対抗策は少ないかもしれませんが、有効な物資の購入や、小まめの手洗い。抵抗力を下げないために適度な運動を取り入れる等、出来る対策をしっかりとって、コロナ危機を乗り越えたいと思います。 


追記:体温計代は妻が半分負担してくれました!  

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:57 | めぐみだより