2020年07月30日

キッチングッズ展

こんにちは、食事療養室です。

北九州イノベーションギャラリーで開催中の「キッチングッズ展」に行ってきました。


北九州イノベーションギャラリー(北九州産業技術保存継承センター)は大人気の「いのちのたび博物館」の隣にある施設で、小さいながらも企画展が面白く、いろいろな子供向けのワークショップが開催されています。ドーム型をしたガラス張りの天井がとてもきれいな建物で、しかもそんなに来館者が多くないのでゆっくりと楽しめます。


キッチングッズ展では、包丁やはさみなどの刃物類、まな板、ボールやザル、鍋にフライパン、コーヒー器具など、様々な調理器具が展示されていました。

写真@調理器具.JPG

どれも実際に手に取ってみることができるので、持った感じや重さを確認できます。菜箸やトングなどは、子供たちが触れるように展示されていました。

写真A調理器具体験.JPG

先がシリコン製の菜箸は、小学生でも簡単に豆をつかむことが出来ました。

写真B菜箸体験.JPG

ピンクがテーマカラーのキッチンを再現したコーナーもあります。

写真Cピンクのキッチン.JPG

展示を見た後は、ワークショップに参加しました。

高学年の小学生向けには、ハンダをつかった光るキーホルダー作り。

息子は、はじめてハンダ付けを体験しました。

低学年向けには、タイルを使ったコースターづくりもありました。

楽しくものづくりを体験することができました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより