2020年03月27日

晩 酌

みなさん、こんにちは。仕事が終わって家で飲むビールは、格別ですよね。不要不急の外出が自粛されている今、「家吞み」の人が増えたのではないでしょうか。


なんて、言いましたが、実は私、下戸(げこ)なんです。残念ながら、ほとんどアルコールが飲めません。だから今まで、家で「晩酌」というものをしたことがありません。(酒飲みの顔だねって、言われたことはありますが・・・謎 )


代わりに他の物を飲んでいます。最近は、まず食後に紅茶、そして風呂上りにコーラやジュースなどを。特に炭酸系が好きですね。シュワッシュワっとするのど越し、私にとってコーラはビールなんです(笑)


ところで先日、美味しい炭酸飲料に出会いました。現在、テレビCMをやっている、ファン○プレミ○グレープです。通常のファン○は、無果汁だったりしますが、この新製品は果汁が13%も入った少し高級(リッチ)なファン○です。個人的には、お勧めです。(私は5本まとめ買いしました)


最後に、私が死ぬまでに一度言ってみたいセリフは、「もっと酒持って来〜い。」です。何かカッコイイですよね。(飲める人が羨ましい・・・)


yjimage33.jpg
拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:42 | めぐみだより

2020年03月26日

海へドライブ

1ヵ月ほど前の天気の良い昼下がり、末っ子が海に行きたいと言い出したので、福津の宮司浜までドライブし、海岸で散歩をしました。

image0.jpeg

落ちている木の枝を拾って、ごきげんに砂浜を散歩しています。

image1.jpeg

散歩の後は、津屋崎の「花靖」というお店で海鮮丼をいただきました。

image2.jpeg

営業時間ぎりぎりだったのに、快く入店させてもらいました。次回行く時は、ぜひウニ丼を食べたいです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:28 | めぐみだより

2020年03月25日

「日本ノ大人ハ勉強シマセンネ」

↑これ、北欧の某国から来た留学生くんが呟いていた言葉です。

たしか昨年の飲み会の席だったと思うのですが、その場に居た日本人全員、「なんも言えねぇ」みたいな顔になっておりました。もちろん私も含めて…。


というのも、私自身このブログで昨年「栄養経営士の試験を受けてスキルアップを図ります!」なんて大げさに宣言してしまっていましたが相当苦戦しまして。何が大変って、「座学&自習スタイル」ですよ。研修会の場合は、講師の方が上手にお話を進めて下さるし、工夫を凝らした分かり易い資料も頂けます。つまり、割と受身でも形にはなります。

しかし今回の場合は、基本的にはテキストを取寄せて自習する主体性必須なスタイル。しかも6冊。社会人になり、「座って自分で勉強を進める」習慣が消えつつある身には、なかなかハードルが高いのです。さらに追い討ちをかけるのが、日々衰えゆく記憶力、聞きなれない横文字、じわじわ来るかすみ目&肩こり。あれ、単に老化現象…?


そんな中でモチベーションを保つには、セルフ追い込みしか有りません。私の中の守銭奴を呼び出し、説教をかまして貰います。

「テキスト代16,500円、基礎講習受講料8,000円、受験料8,500円、合計33,000円。全部ドブに捨てるおつもり?これだけ有ったら、チロルチョコ何個買えると思っているの?だいたい試験の4ヶ月前から取り掛かるなんて遅すぎるんじゃなくって?テキスト6冊も有るのに見通し甘すぎでしょう。計算もできないの?馬と鹿なの?」


次に登場するのが私の必殺技、「試験終わったらこれやるもんねリスト」です。終わったら焼肉食べに行く!と餌をぶら下げるのも良いですし、試験前に部屋の模様替えがしたくなったとしても、「違う違う、今じゃない。リストに書いておこう」と寄り道回避できます。


最後に登場するのが、「1割残し、又は1割かじり」です。キリがいいところまで終わらせてしまうと、翌日机についたときに勉強を始めるハードルが上がる気がするのです。しかし、あと少しで第3章が終わる!な状態にしておけばすぐに終わらせたくなります。あるいは第4章のさわりだけかじっておけば、「あぁ、この前見た腎疾患の話ね。」とすぐに取り掛かれます。


結局、あの手この手を使い運の良さも手伝って、試験はなんとかパスすることが出来ました。しかし得点は非公開&試験問題も持帰り不可。わたし、ボーダーラインぎりぎりな気しかいたしません…。取り急ぎ覚えている問題をテキストでチェックして、復習に励みたいと思います。

日本の大人も、がんばるけんね!


yjimage.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:47 | めぐみだより

2020年03月24日

菜の花

最近は、新型コロナウイルスの影響で、世の中自粛ムード一色ですね。旅行はもちろん、不要不急の外出も避けるようにとのことで、出かけるのはせいぜい買い物ぐらい、私はブログの取材もままなりません。困ったものです。


先日、近場で人混みを避ければ良いのかなと思って、福津の西郷川花園に行って来ました。今年は少し早いのか、菜の花が見頃でした。平日の昼下がりとあって人出も少なく、太陽の下、コロナウイルス対策の“紫外線”を目いっぱい浴びながら、ゆっくりと見物できました。

菜の花1.JPG


菜の花2.JPG

辺り一面黄色い畑の中に入って行って、スマホでパチリ、またパチリ。たくさん写真も撮れましたよ。十分楽しめました。

菜の花3.JPG

次は桜ですね。いわゆるお花見(集まって、飲んだり食べたり)は出来ないでしょうが、ぶらぶらと見て回るのもいいかも。病院の桜が咲くのが、今から楽しみです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:35 | めぐみだより

2020年03月23日

きな粉

先日、ラジオで面白い話を聞きました。たけのこが成長したら竹になる事を知らない人が、いるそうですね。しかも、意外と多かったとか。正直、ビックリしましたが、食べ物である柔らかい「たけのこ」があんな堅い「竹」になるなんて・・・、まあ、そんなふうに考えれば、何となく分かる気もしますが・・・。


この世の中、知ってるつもりでも知らない事って、いっぱいありますよね。かくいう私も相当恥ずかしい話があります。それは、或る時まで「きな粉」が大豆を挽いて作った粉だという事を知らなかった事です。そう言えば、粉が黄色っぽいのも大豆だからでしたか。ずっと「きな」の粉だと思っていました。(きなが何だかは分かりませんが)知らなかったなあ。あべかわ餅は、大豆の粉がついていたんですね。知らなかった自分に、我ながらビックリです(笑)


それからは、なんとなーく知ってるつもりの事は、気になったらすぐ調べるようにしています。(主にネットの情報ですけどね。)


yjimage2.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:09 | めぐみだより