2021年02月08日

みなさんこんにちは。最近は気温の寒暖差が激しいので、一層手洗い・うがいが大切に思われます。


私には、4歳下の妹と40歳上の弟がいます。あれ?なんで年上?って、思いましたよね?

本当は12歳のワンちゃんです。人間の年齢にすると約64歳らしいです。


昔は、よく散歩に行って帰りたくないとグッと後ろに引っ張っていましたが、歳を重ねるにつれて散歩へ行く頻度が減って、うちでゴロゴロと過ごすことが多いみたいです。

最近は、私の祖父と祖母の間に入って寝ることがブームみたいです。

!cid_17766085bd57d0dbaf41.jpg


!cid_1776608731e24dd50252.jpg

これからも長生きしてほしいなぁと思う今日この頃でした。



拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2021年02月05日

たら鍋生活

自粛期間の中、私の楽しみは、近所のお寿司屋さんからのテイクアウトでした。お寿司はもちろん、カマ焼き(特にハマチ)がお気に入りで、よく食べていました。


緊急事態宣言が出てから、お店は閉まり、食べることができず半月が経ちました。やっぱり魚が食べたくなる私は、スーパーで魚の切り身を買って鍋をするようになりました。お気に入りは、たら鍋です!


「鱈」は文字通り寒い時期に旬なお魚。とても食欲旺盛なことから、おなかいっぱい食べることを意味する「たらふく」の語源になったという説があるそうです。


食べることが大好きな私にとって親近感が湧くお魚です。高タンパクで低脂肪、とてもヘルシーでダイエットにもおすすめだとか。献立に迷ったらぜひ、たら鍋を!私もしばらくは、たら鍋生活が続きそうです…()


               IMG_2944.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2021年02月04日

恵方巻

みなさん、こんにちは。2日は、節分でしたが豆まきはされましたか?

私が子どもの頃は「歳の数だけ豆が食べられる」とか言っていましたが、最近は豆よりも「恵方巻」を食べる方が多いのではないでしょうか?(私もここ数年食べています)


恵方巻は、一体いつ頃から食べるようになったのでしょうか?ネットで調べると、以前から関西の方では食べられていたみたいなのですが・・・。福岡に住んでいる私にとっては、10年ぐらい前からかなぁといった感覚です。(定かではありませんが、いつの間にか食べていました)当然子どもの頃は、見たことも聞いたことも、ましてや食べたこともありませんしね(笑)


そもそも恵方巻の「恵方(えほう)」って何でしょう?またネットで調べたら、吉方とも書き、その年の歳徳神、恵方神がいる最も良い方向とのこと。今年は南南東でした。


当日の夜、晩ご飯はもちろん恵方巻です。海鮮巻とトンカツ巻、サラダ巻を準備。(全部ハーフサイズですよ。丸ごと一本だと食べ過ぎなので・・・、念の為(笑))

さて、部屋の中で、大体こっちが南南東かなという方角を向き、太巻きをパクリ。口いっぱいにほおばって、後は黙ってひたすらモグモグ、モグモグ。そしてハタと気づきました。


少々食べづらさはありますが、おしゃべりもしないし、口もそんなに開けないので飛沫が飛ばず、今のご時世にピッタリの食べ方ではないでしょうか。恵方巻いいですねぇ。これからは年に一回と言わず、月一ぐらい全国民で食べたらいいんじゃないかなぁと思った、2月2日の節分でした。(恵方巻のテイクアウトで、困っている飲食店を応援。一石二鳥)


  setsubun_ehoumaki_boy_png.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2021年02月03日

ハレの日も、ケの日も

こんにちは、食事療養室です。

2021年、あっという間に2月に突入ですね。


昨日2月2日は節分でした。今年は2月3日ではなく、不思議な感じですね。

124年ぶりのことだったようです。


ということで、昨日は行事食を提供しました。節分の行事食は年間の行事食の中でも手が込んでいます。主食のいなり寿司、ちらし寿司ともにひとつひとつ手づくりです。毎年、改良を重ねて、少しずついいものになっていると、手前味噌ながら、昨日の食事を見ても思うのです。

ハレの日も、ケの日も.JPG

行事がある日はお祝いの日が多く、このような日は昔から「ハレ」と言われています。対して、日常を「ケ」と言うそうです。このことはご存知の方も多いかと思います。


ハレの日は食事もご馳走になりますよね。しかし、食事は一日三回、毎日のもので、日常の食事が大半です。ケがあるから、ハレの日が映えるわけです。


ということは、日々の食事はとても大切なものなのです。食事だけに限らずに、暮らし全てにおいて毎日の生活が大切だと思います。


私たち食事療養室スタッフは、日々たくさんの食事を作っています。

行事食だけでなく、毎日の食事を丁寧に一生懸命作っています。


まだまだコロナ禍で大変ですし、気持ちも沈みがちになりますが、ハレの日も、ケの日も、どんな時も日々を大切に過ごしていきたいと思う今日この頃です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2021年02月02日

節分

みなさん、こんにちは。今日、2月2日は、節分です。巷で話題になっていたので、ご存知の方も多いかと思います。私はてっきり節分は、2月3日と決まっているものと思っていましたが、実は2〜4日の間で変わるそうですね。2日が節分になるのは、実に124年ぶりとのこと。私も生まれて初めての経験です(笑)


節分とは、元々季節を分ける日という意味で、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日を指すそうです。但し、現在の暦では立春前日の節分だけが残っており、江戸時代以降に、四季が一巡する立春前日を節分とするようになったと言われています。と言うことで、今年は3日が立春なので、その前日の2日が節分になります。


また、今年節分が2日になったのは、簡単に言うと地球が太陽を回る周期と暦のずれが関係しており、4年に1度のうるう年があるように、補正をしていくと日付が変わるのだそうです。


とここまで節分について書いて来ましたが、天文学とも関係している難しい話なので、この辺にしておきます。

(書いている私がよく分かっていません(笑))


最後に、例年節分のブログは、みのり保育園(院内保育所)の豆まきの様子をご紹介しています。昨年は、1人しか泣かなかったので、今年はどうなることやら。(私も写真係で参加)

CIMG1401.JPG


CIMG1406.JPG


CIMG1413.JPG


CIMG1414.JPG

結果、鬼のクオリティーが高かったのか、園児8人中7人が大泣きでした。(唯一泣かなかったのは、鬼を知らない赤ちゃんだけ(笑))予想外の結果に私もビックリ、阿鼻叫喚とは正にこのことか、と思いました。最後は、帰って行く鬼さんにバイバイしていましたが・・・。トラウマにならなければいいけどなぁと心配する編集 Tでした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:38 | めぐみだより