2018年05月28日

お食事会

みなさん、こんにちは。グループホーム安居です。

今回は、皆様お待ちかねのお食事会、津屋崎の「お魚センター」に行って来ました。

1.JPG

新鮮なお刺身、天ぷらをいただきながら「私、ここに連れてきてもらえて嬉しい!」、「やっぱりお刺身は最高ね!」

2.JPG


3.JPG

食事の後は、宮地嶽神社に参拝。

「美味しいものがたくさん食べられますように。」

「健康でありますように。」と思い思いのお願いをされたようです。

4.JPG


5.JPG

次はどこに行きましょうかね〜。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:29 | めぐみだより

2018年05月25日

エンジニア体験

先日、トヨペット(トヨタ車のディーラー)の主催で車の仕組みやメンテナンスの仕方を子ども向けに教えてくれる、キッズエンジニア体験会に次男と行って来ました。

@.JPG


A.JPG

本職のエンジニアの方が補助しながら、子ども達が実際にタイヤ交換したり、ライトの球を交換したり・・・車好きの我が子は興味深そうに、楽しそうに教わっていました。かつては、私も自分の車は自分でメンテナンスする事が多かったのですが、ここ10年程はあまり時間もとれず、お店に持って行く事が多くなっていました。

私はというと「そーいえば、子どもがある程度大きくなって、一緒に車イジリなんかしたら楽しいだろうな〜。」なんて思っていた事を思い出しながら眺めていました。ミニ四駆を作るみたいに、親子で作れる本当に乗れる車なんかあったら楽しいのに!

B.JPG


C.JPG

自動車という道具は「文化」(趣味)も大切です、「夢」や「楽しさ」と言い換えられます。

今回のキッズエンジニアも、費用対効果が直ぐには出ないかもしれませんが、幼い頃に興味を持たなかった車に対して、免許が取得できる歳になったからといってすぐに興味が沸くとも思えません。


最近、グイグイ前に進む中国を見て感じるのは、数の規模で勝てない。メモリーも液晶も、やがて、電池も規模の拡大で競争力失うでしょう。でも、日本人が中国人に負けない(と思う)職人気質をキッチリ持っていけば、まだイケる?と思います。


車好きのオジサンとしては、色々なメーカーがもっと車好きが増える様な活動をしてくれたら嬉しいです。なんたって日本の基幹産業ですから!

最後にエンジニアの方が、「将来エンジニアになりたい人!」って質問したら、手を挙げたのはウチの子だけでしたけど・・・笑 (悲)。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2018年05月24日

孫ちゃん

12月に孫ちゃんができました。元気な男の子です。

4月に家に来て、2〜3日過ごしました。

笑顔がとてもかわいくて癒されました。

これからの成長が楽しみ ♡


         yjimage.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:37 | めぐみだより

2018年05月23日

豆しば三兄弟

みなさんは、豆しば三兄弟ってご存知ですか?小さな柴犬「豆柴」のキャラクターで現在、ゲームセンターで大人気の景品(プライズ)です。ぬいぐるみが主ですが、大きいのから小さいのまで様々な種類が出ています。


豆しば三兄弟について簡単に説明しますと、長男は豆太郎、次男は豆ジロー、三男は豆三郎とそれぞれ名前があり、日本生まれの日本育ちで、日本がとっても大好きな兄弟犬です。たくさんの仲間に出会う為に、弟子のさすけ(ポメラニアン)をお供に日本中を旅しているそうです。(そういう設定になっています。)


最初は、可愛いなとは思うものの、あまり興味がなかったのですが、同僚で犬好きなS木さんに試しにプレゼントしたら大喜びされました。\(^o^)/ それから何か気になって、趣味のクレーンゲームで時々ゲットしています。(当然、S木さんにもおすそわけしてます。)


上記の三兄弟とさすけ以外にも、パグのパグ兵衛や秋田犬のあきお、銀二、また女の子の小梅、さくらなどもいますよ。今後も仲間がどんどん増えていきそうです。興味がある方は、ゲームセンターへGO!(どうしても獲れなかったら、通販でも買えますよ。)

豆しば三兄弟.JPG

最近は、フィギュアスケートのザギトワ選手のおかげで秋田犬が話題になったから、その内クレーンゲームの景品で「秋田犬」のシリーズが出たりして・・・。でも大きくて重そうだから、ゲットするのは難しそうですね。 (^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:01 | めぐみだより

2018年05月22日

鬼おろし

こんにちは、食事療養室です。

だんだん気温が上がってきて、日差しが強くなってきましたね。

週末は、あわてて夏の準備をしました。


さて、今回は「鬼おろし」を紹介します。

鬼おろし.JPG

竹で出来た大根おろしで使い方は簡単、大根おろしと同じ要領で大根をおろすのに使います。大根おろしよりも荒くおろせるので、シャリシャリとした食感の大根おろしを作ることができます。

暑い夏はさっぱりとしたものが食べたくなるもの、我が家では鬼おろしが大活躍します。

ポン酢をかけてそのまま食べてもいいし、お肉や焼き魚などと一緒に食べても美味しいです。大根おろしより手早く調理できるのも魅力です。

ただし、おろすときに大根のかけらがぴょんと飛ぶことがあるので要注意、使った後は台の上や床にかけらが飛んでいないかよく確認してください。


これは、先日の我が家のメニュー「まぐろのカマの塩焼き」です。

まぐろのカマ塩焼.JPG

まぐろのカマ

まぐろのカマは、脂が多くそのままで食べるとちょっと重たいですが、鬼おろしでおろした大根と一緒に食べるとさっぱりと美味しく食べられます。


大根の風味がしっかりと味わえる鬼おろし、ぜひ一度召し上がってみてください。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより