2017年06月02日

宇佐神宮

こんにちは、食事療養室です。

そろそろ雨の季節が近づいてきました。

梅雨入りの前にドライブをしようということで、家族で宇佐神宮に行ってきました。


宇佐神宮は、全国に4万ある八幡さまの総本宮で創建は725年、御祭神である八幡大神さまは応神天皇の御神霊だそうです。そんなに遠くない場所にあるのに初めて行きました。(もしかしたら、小さいころに両親に連れられて行ったことがあるのかもしれませんが、憶えていません)


さすがに総本宮ですね、参道や鳥居、本殿など広くて大きく立派でした。そして森が緑豊かで神聖な空気を感じました。特に御霊水の湧いている場所は、とても神秘的でした。一緒に行った息子(小1)と娘(3歳)も同じ様にお詣りをし、広い敷地内を頑張って歩き、散策を楽しんでいたようです。

宇佐神宮@.JPG


歩いた後のお昼ごはんは、大人も子供も大好きなから揚げでした。 (^v^)

宇佐神宮A.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:47 | めぐみだより

2017年06月01日

「大川散策〜風浪宮〜」

先週末、所用で大川に行った折に、以前から一度訪ねてみたかった「風浪宮」へ行ってきました。約1,800年の歴史がある由緒正しきお社ながら、

地元では「おふろうさん」の名で、広く親しまれているそうです。神宮皇后との所縁があるあたり、私の地元の「香椎宮」と何だか似ています。 (^v^)

@.JPG A.JPG

まずは、鳥居をくぐっていざ本殿へ、土曜日の午後だったのですが、参拝客は私以外5〜6人程でした。(何か行事があっていれば、もっと多いのでしょうけど・・・)おかげで、ゆっくりと境内を見学できました。

始めに目を引いたのは、大きな絵馬です。縦1.5m、横3.5mの「干支入り組子大絵馬」とのこと。木工の町、大川ならではですね。今年の干支の酉が、神門の上部に飾ってありました。

B.JPG C.JPG

次は、樹齢2,000年と言われる「白鷺の楠」です。福岡県指定天然記念物になっています。本殿の隣にありました。見た感じ青々と元気がありそうで、とてもそんなお歳には見えないですね。アンチエイジングにご利益がありそうです。 (*^_^*

D.JPG E.JPG

最後は、五重の塔です。パッと見、二重の塔です。どう見ても五重には見えません。おかしいなぁと思って近づき、よくよく見ると、何と中に石造りの五重の塔があるではありませんか!びっくりです。この塔も、国指定重要文化財だそうです。 (o)

F.JPG G.JPG

以上、簡単ではありますが、風浪宮の見所をご紹介しました。(本当は、もっと沢山あります。)また、神社の外苑には、桜とつつじ、紅葉も楽しめる市民憩いの場、大川公園もあり、地元の人達に親しまれている様子がよく分かりました。


今回は、建物や自然を楽しみましたが、次回は“おふろうさんまつり”、中でも筑後地方三大火祭りの一つ、「裸ん行」の取材に行ってみたいと思います。 \(^o^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:24 | めぐみだより

2017年05月31日

展望公園

さて、前回の続きです。駕与丁バラ園でバラの花を堪能した私は、ここに来た時から気になっていた、謎の風車が付いた展望台に上ってみました。

(時計も付いています。)

@.JPG A.JPG


B.JPG

実際上がってみると、おおっ!結構見晴らしはイイですねぇ。池の対岸に、白い屋根の「かすやドーム」も見えますよ。絶景です。高所恐怖症気味の私でも大丈夫ぐらいの高さです。しばし景色に見入っていました。

C.JPG D.JPG

あらためて園内を見渡すと、子どもが遊べる遊具もあります。実際、親子連れが遊んでいました。(一つは、妙にカラフルで何だか周囲から浮いています。)それ以外に、虎とパンダもいましたよ。

F.JPG E.JPG

その他、紫陽花や水仙が咲いていて、バラ以外にもたくさん見所はありました。

G.JPG H.JPG


I.JPG J.JPG

後で知ったのですが、バラ園のある区域は「展望公園」と言うそうです。

どおりで風車の展望台が目立っていた訳ですね。バラと一緒に展望台からの素敵な景色も見られて、一石二鳥の一日でした。(^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:19 | めぐみだより

2017年05月30日

高千穂峡

先日、久々に友人に会い「また、何処か旅行に行きたいね。」と話していた矢先に “〜神々が降り立った地【高千穂】への誘い〜” という日帰り旅行案内が自宅に届きました。すぐ友人に連絡を取り、参加の返事をもらい申し込むことに。


毎日、あと何日で・・・という思いをしながら、単純ですが仕事にも張り合いを感じた日々でした。そしていよいよ当日になり、二人で期待しながらバスに乗り込みました。途中、休憩を取りながら、少し早目の昼食を熊本の「きくすいの里」で頂きました。メニューは「トマ豚しゃぶしゃぶ」で美味しかったのですが、ミニトマトが本当に熱く、口の中が大変でした。余り時間もなく慌てて食事を終え、その時に出た「天草のりの佃煮」も一緒にお土産に買いました。


目的地に向かいバスが動き出し、朝は車内も寒く感じていたのに、いつの間にか気温も上がっています。同じく私たちのテンションも上がっています。


高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れだし、急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷。国の天然記念物に指定されています。

CIMG0786.JPG  CIMG0782.JPG


CIMG0785.JPG 

ガイドマップを手にして五ヶ瀬川に沿いながら、遊歩道に257段の階段を降りて行きます。途中、最後まで行けるかなと普段の運動不足を気にしながら、神話に由縁のある「鬼八の力石」などを観て魅力を十分に感じました。真名井の滝では、とても清々しい気持ちにもなりました。歩き終え体も熱くなり、本日2個目のソフトクリーム(日向夏とマンゴーのミックス)を満喫、そしてまた、お土産を探し求めました。


あっという間に時が過ぎ帰路へ。車中では、次回は何処へと話が弾みます。いつもの日とは違う一日が終わりました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:11 | めぐみだより

2017年05月29日

「粕屋散策〜駕与丁バラ園〜」

先日、粕屋町にある「駕与丁公園」に行って来ました。最近、公園内のバラ園の話題が出ていたので、どんなものか気になっていたんです。


駐車場で車を降りると、園内の案内板に従ってバラ園を目指します。天気は生憎の曇り空でしたが、日差しが無い分それほど暑くなく、結構歩きましたが、軽く汗をかいた程度で済みました。(汗っかきなので助かりました。)

風が心地良いひと時でした。


園内には大きな池があり、橋を渡った向こう岸に、お目当てのバラ園がありそうです。実際に渡ってみると、途中にある柵にもバラをかたどった飾りが付いています。かっこいいですね。

P5230257.JPG P5230255.JPG

橋を渡り終えました。もうすぐそこです、と思ったらなんか目の前に大きな風車?が・・・。何だろう、でもバラ園にも無事着きました。

P5230211.JPG P5230212.JPG

早速、見て回ると、大小、色とりどり、いろんな種類のバラがありますね。見ているだけで目の保養になります。嬉しくなって写真を撮っていると、近くの親子連れの会話が聞こえてきました。「あー、いい匂いだねぇ。」、「ホントねぇ。」、あぁそういう楽しみ方もあるんだと。私は最近、見て写真を撮るばっかりで、匂いをかぐことを忘れていました。次からは花の香りも楽しみたいと思います。(^v^)

P5230228.JPG P5230226.JPG


P5230238.JPG P5230243.JPG

いろんな種類がありましたが、印象に残ったのは、有名人の名前が付いたバラですね。以前、他のバラ園で「プリンセス・ダイアナ」などを見たことがありますが、今回は、黄色い「ヘンリー・フォンダ」バラを見ました。

P5230209.JPG yjimage.jpg

ヘンリー・フォンダと言えば、ハリウッドの名優です。子どもの頃、日曜洋画劇場で「十二人の怒れる男」を見て感動した記憶があります。そう言えば、

昔はテレビで映画を良く見ていたなぁ、中学生になったら友人と映画館によく行っていたなぁなど、バラを見て、思いがけず昔の思い出に浸った平日の昼下がりでした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 12:41 | めぐみだより