2017年02月22日

猫塚公園

さて、昨日の続きですが、追い出し猫モニュメントを見た後、同じく市内にある「猫塚公園」に行って来ました。ここにある「猫塚」には、次のような由来がありました。


400年以上昔、宮若市に西福寺というお寺があり、そこに住む和尚さんは、たいそう猫を可愛がっていました。ある時、その寺に住み着いた大ネズミが大暴れして、近隣を荒らし回り、和尚さんは大変困ってしまいました。そして、和尚さんにも危害が及ぼうかという時に、これを見かねた和尚さんの飼い猫が、何百匹もの仲間を集め、大ネズミと激しく戦い、とうとう退治しました。しかし、力尽きた飼い猫や仲間の猫たちもみんな死んでしまいました。

そんな猫たちを哀れんだ和尚さんは、猫塚を作り、いつまでも手厚く供養したそうです。

P2180566.JPG P2180576.JPG


P2180574.JPG

ところで、事前にネットで場所は調べていたのですが、実際に行ってみるとあまりの小ささにびっくり! (o) 公園なのに遊具等がありません。あるのは、猫塚の他に猫型のバス待合所、その隣の空き地に記念撮影用の猫バスのパネルと駐車場、猫の像ぐらいでした。

(思わず他に何かないか、周りを見渡しましたよ。)

P2180568.JPG P2180565.JPG


P2180580.JPG P2180579.JPG

土曜日の午後だったのですが、私の他には見物客はおらず、ゆっくりと見ることが出来ました。(狭いので短時間で見られましたが・・・。)


最後に、宮若市の「追い出し猫」ですが、由来を知ってからは、より可愛く思えてきました。

今度宮若市に来た時は、追い出し猫横丁で、猫のグッズでも買おうかと思います。 (^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2017年02月21日

追い出し猫

みなさん、こんにちは。突然ですが、「追い出し猫」って知っていますか?

もちろん、招き猫ではありませんよ。怒った顔で片手にほうきを持ち、そのほうきで災いを追い出すといわれています。最近、有名になってきたので、ご存知の方も多いかと思いますが、宮若市のイメージキャラクターです。現在は、宮若市の色んな特産品に使われていて、町おこしに一役買っています。

(商店街の名前も追い出し猫横丁でした。)


また、この追い出し猫、市内のコミュニティーセンター敷地内に大きなモニュメントがあるとのことで、先週末実際に見てきました。

P2180584.JPG


P2180581.JPG

福丸交差点の角に居て、事故が起きないように見守ってくれています。高さは、3.6mもあり、想像以上に大きかったです。顔が前後ろにあって、裏面は、なんと「招き猫」ですよ。「災い退散」と「招福」、表の顔は凛々しく、裏の顔は愛らしかったですね。 (^v^)

P2180586.JPG P2180589.JPG P2180582.JPG

青空のもと、モニュメントを堪能した後は、ここから車で5分程の「追い出し猫伝説」ゆかりの地「猫塚公園」を目指すことにしました。  (続く)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:11 | めぐみだより

2017年02月20日

時には、一人旅

山陰、山陽地方を、一人旅してきました。

最初、岡山後楽園へ行きました。お抹茶を頂き、まずは一息。

一人旅@.JPG 一人旅A.JPG


その後、長い道中(バス旅)を過ぎ、鳥取砂丘へ!

冷たい風にあおられました。

一人旅B.JPG


出雲大社では、森厳な空気の中、お参りしました。

一人旅C.JPG


そして、足立美術館。四季の庭園が見事です。

一人旅D.JPG

時には、一人旅もいいものです。また、行きたいと思います。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:59 | めぐみだより

2017年02月17日

みずがめの郷

みなさん、こんにちは。

先日、以前からそのネーミングが気になっていた、福津市にある「みずがめの郷」に行って来ました。同じく福津市にある「なまずの郷」には、何度も行ったことがあるのですが、こちらは初めてでした。

みずがめ@.JPG

私のイメージでは、「山奥にある大きな池の側の何らかの施設!?」だったのですが、いざ行ってみると意外と近く、それは「みずがめ=久末ダム」の横にある野球場や多目的広場などの、いたって普通の施設でした。(なまずの郷に似ている・・・。)大人や子供たち、家族連れ等でにぎわっていましたよ。また、ダムのほとりでは、釣り人が数名いましたが、柵の中にいたので「落ちないかなぁ?危ないなぁ。」って思って見ていました。 (o)

みずがめC.JPG みずがめD.JPG


みずがめA.JPG みずがめB.JPG

特に変わったこともなかったのですが、なかなかカッコいい樹があったので写真を撮ってきました。(^v^)次回は、桜がきれいな春に来たいと思います。

みずがめE.JPG


最近は、ネットで検索すれば現地に行かずとも、それが何だか分かる便利な世の中になっていますが、現地に行ってこその発見もあると思います。

(ない場合もありますが・・・。) (+o+)

これからも、気になる所があれば、行って自分の目で確かめたいと思っています。


※なまずの郷は、野球場やテニスコート、多目的グラウンドなどの有料施設と中央広場、子供広場、和風庭園などの無料施設がある福津市総合運動公園です。もちろん池には「なまず」がいますよ。 (^O^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 12:02 | めぐみだより

2017年02月16日

一カ月遅れの初詣

先週の2月9日、雪が降りそうな寒い日に、一カ月遅れの初詣に宮地嶽神社へ行ってきました。

入院患者様40名中21名も参加され、スタッフも合わせて車内は満員状態、作業療法士のM君は、補助席を使わずガイドを兼ねて立ちっぱなしの往復でした。(お疲れ様でした・・・。)

初詣@.JPG 初詣A.JPG

片道30分程度ですが、バスの中では歌ったりクイズをしたりで、大いに盛り上がりました。クイズでも出題されたのですが、宮地嶽神社は、1,600年前に創建されたそうです。「何事にも打ち勝つ開運の神様」として、今なお多くの人に信仰されています。


宮地嶽神社には、3つの「日本一」の物があります。1つ目は、巨大な“大しめ縄(直径2.6m、長さ11m、重さ3トン)”です。毎年新しく掛けかえられ、約2反の田んぼのワラで作られます。掛け替えまで述べ1,500人もの方々による奉仕を頂くそうです。

初詣B.JPG 初詣C.JPG

日本一の2つ目は、“大太鼓”です。直径2.2m、すべて国内で調達した材料で、作られています。

初詣D.JPG 初詣E.JPG

日本一の3つ目は、“大鈴”です。重さ450sもある銅製の大鈴です。昭和35年まで拝殿に飾られていたのですが、その重量のため鈴堂が建立され大太鼓と共に奉安されています。

初詣F.JPG

参拝後は、茶店のストーブで暖を取りながら甘酒を飲み、冷えた体を温めました。

初詣G.JPG 初詣H.JPG


初詣I.JPG 初詣J.JPG


最近ある航空会社のCMで、有名になった光の道です。パワースポットとして観光客が増えているそうです。年に2回程(2月、10月)光の道の一直線上に夕日が沈む日があり、その日は夕日を見てパワーをいただこうと、参道の階段に沢山の人が集まります。今年は、2月20日前後だそうです。

初詣K.JPG

(昼間なので、夕日は見えませんが・・・。)


帰りは参道の茶店の松ヶ枝餅を買って帰り、3時のおやつとして、今回行けなかった人も一緒に皆で美味しくいただきました。という事で、めでたく5病棟の初詣も終了しました。

今年も入院患者様、職員みんなにご加護がありますように!

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:11 | めぐみだより