2017年12月26日

クリスマスのメニュー

こんにちは、食事療養室です。

昨日は、クリスマスでしたね。

クリスマスの食事といえば、皆さんは何を召し上がりますか?

当院では、ミートローフをメインに昼食を提供しました。


[メニュー]

・シーフードピラフ

・クリスマスミートローフ

・フレンチサラダ

・クリスマスケーキ

・レモンティー


DSC_0621.JPG

少しでもクリスマス気分を感じていただけたら幸いです。


皆さんも、素敵なクリスマスを過ごされましたか? (^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2017年12月25日

楽しい??クリスマス会

皆さん、こんにちは。いよいよクリスマスですね。院内でもあちらこちらで、

クリスマス会が行われています。私も22日に、みのり保育園(院内保育所)のクリスマス会にサンタ役として、参加して来ました。

(一抹の不安を感じながら・・・。) (o)

IMG_1270.JPG

楽しいクリスマス会の開始から5分後ぐらいに、いよいよサンタさんの登場です。じゃーん、手を振りながら笑顔で登場するも、ああっ、やっぱり、泣きだす子が居ます。去年は1〜2名でしたが、今年は何と4名も!どうしよう?だから嫌だといったのに・・・。園長先生に押し切られた自分が悔やまれます。 (T_T) でも、プレゼントを渡すと、何とか泣き止んでくれたので、会は続行です。


最後は、一人一人とぎこちなく記念撮影会です。中から代表で、Mちゃんと Yくんをご紹介します。何と、二人とも同じ誕生日の2歳3ヵ月です。

IMG_1275.JPG IMG_1276.JPG

最近の子供達は、サンタさんを知らないのかなぁ、2歳児、1歳児、0歳児とまだ小さいから無理もないのかも知れませんね。

(でも本当は、サンタの正体が怪しすぎるからかも!?)

来年は、ホントに楽しいクリスマス会になるように、めげずに頑張ります!!

CIMG1889.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:24 | めぐみだより

2017年12月22日

中庭のイルミネーション

今年も、福岡聖恵病院の中庭に、イルミネーションが灯りました。

お馴染みのスノーマンや赤いサンタさんに加えて、樹木にも電飾が増えました。 \(^o^)

CIMG1857.JPG


CIMG1856.JPG


CIMG1859.JPG

夕方になって暗くなると、皆の目を楽しませてくれています。

午後5時過ぎ頃だと、みのり保育園(院内保育所)の園児たちも、帰りにギリギリ見られて、喜んでいるようです。 (^v^)


毎年、準備をしてくれるリハビリスタッフの皆さん、ありがとうございます!

今冬も十分楽しませてもらいますね。 (#^.^#)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2017年12月21日

旭山動物園

日本最北の動物園、「旭山動物園」に行って来ました。

この動物園の売りは、動物の自然な生態が見られる「行動展示」です。

(一般的な、動物の姿形を見せることに主眼を置いたものは、形態展示)

まずは、ペンギンの散歩、そして空中ウォーキングが見応えがありました。

CIMG1863.JPG


CIMG1865.JPG


CIMG1867.JPG

キリンや熊、猿など他にも見所満載でした。

CIMG1869.JPG


CIMG1870.JPG


CIMG1871.JPG

機会があれば、また、行ってみたいと思います。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2017年12月20日

今日のごはんは

映画や小説の中で、なんとも魅力的な料理に出会うことがある。

たっぷりのバターがしみ込んだ、エッグインザバスケット。

炭酸の効果で軟らかく仕上がる、手羽先のコーラ煮。

意外な隠し味でコク深く決まる、秘伝のハヤシライス。


特に小説の場合は、文章のみという制約の為か、かえって想像力を掻き立てられ同じものが食べたい…と、試行錯誤に走ることがある。


そんな経験のある人に、ぜひお薦めしたい短編集を見つけた。

角田光代著「彼女のこんだて帖」だ。

15の物語が収められているが、ひとつの作品の脇役が別の話では主人公になっている、いわゆるリレー形式である。どの話にも、もれなく魅力的な料理が登場し、巻末には写真つきのレシピが載っている、なんとも親切な小説である。


食べるシーンは様々な小説内に登場するが、本作は作る方にスポットを当てている。

毎日の料理は食べる側も人間なら、作る側も人間、よって気持ちのアップダウンは当然あるわけで。

調子よくトッピングを追加するあまり、サラダボウルの中がカーニバルになる日もあれば、眉を吊り上げながら親の仇がごとく大根をすりおろす日もある。

どんなことがあっても、自分で作って食べるという行為は、平常心のかけらを取り戻すきっかけになりうるし、たまに作るとっておきは日々のテコ入れになりうる。

であれば、「作る」、「食べる」、という行為は、単なる栄養補給を超えた行為だと思える。


貴方は今夜、何を食べるだろうか。


           yjimageA.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより