2018年07月11日

「筑豊散策〜龍神様〜」

さて、前回の続きです。出雲神社で参拝を済ませて帰ろうとすると、道を挟んだ向かい側にも何やら小さなお宮がありました。せっかくなのでのぞいてみると、「松長龍神」の幟があります。龍神様を祀った神社のようです。

P6100575.JPG

由緒書によると、御祭神は松長龍神で、出雲神社の末社になります。明治中期にこの地方が大水害に見舞われ、その時出来た大きな池に住みついた龍神様を、昭和になってから社を建て、奉ったそうです。(この地に吾を祀れとのお告げがあったとのこと。)


建物の中に入ってみると、小さいながらも本殿がありました。何だかお経の様な、呪文の様な謎の文言が書いてあります。

P6100576.JPG

お賽銭をあげてお参りしていると、近くに何やら大きな石が置いてあります。掲示板を見ると、「かかえのお石様」とあり「色々お尋ねしたいことがあれば、一心に祈願して、自分の思いが叶うなら軽く、だめなら重くと、かかえてください。又、反対に思いが叶うなら重く、だめなら軽くと、お願いするとよくわかります。」と書いてあります。

P6100577.JPG

物は試しとやってみました。私の場合は、叶うなら軽くとお願いすると、あら不思議、二回目の方が軽く感じました。うーん、軽くは感じましたが、本当かな、暗示なのかな。本当に願いが叶ったら、またお礼に来ようと思いつつ、家路に着きました。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:10 | めぐみだより

2018年07月10日

「筑豊散策〜出雲神社〜」

みなさん、こんにちは。最近は、御朱印集めや神社仏閣めぐりが流行っていますね。有名な神社やお寺は、人気のパワースポットでもあるようです。私も他の人のブログを見て、お伊勢参りなど、行ってみたいなぁと思っています。(ただ思うだけですが・・・。)


さて先日、用事で田川方面に行った時に、以前から気になっていた所に寄って来ました。その場所は大任町の「出雲神社」です。島根にある超有名な「出雲大社」の分社で、神社の近くに架かっている赤い橋が目印です。

早速、橋を渡って境内に入ってみると、こじんまりとした中々いい感じのお社です。 (^v^)

P6100560.JPG


P6100561.JPG


P6100562.JPG


P6100563.JPG


御祭神が大国主命(おおくにぬしのみこと)と言えば、おっ、やっぱりいました因幡の白うさぎです。大国主命と一緒に銅像になっていました。名場面の再現ですね。

P6100564.JPG

ところで大国が“だいこく”とも読めることから、大国主が大黒天と習合して一緒になったとの説があるんですね。白うさぎを助けたイケメンの大国主が七福神の一人、大黒様になってしまうなんて、面白いですねぇ。何かイメージと違うけど・・・。 (?_?)


ここ出雲神社も出雲大社と同じく、縁結びの神様として有名で、初詣には良縁を願う多くの参拝者で賑わうそうです。素敵なご縁が欲しい方は、ぜひお参りしてみませんか?遠くまで(島根県)行かなくても大丈夫ですよ。

P6100574.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:08 | めぐみだより

2018年07月09日

トマトが実りました!

こんにちは。これと言って何の趣味もない不器用な私が、トマトを植えました。このトマト、順調に成長してくれています。


昨年も3本植えたものの、2本はダメになり、1本の苗からたったの3玉しかとれず、失敗に終わったのですが・・・、

今年はちゃんと育ってくれていて、すでに収穫できています。

買えば簡単ですが、やはり自分で育てたものは、うれしいものですね。


しかし、先週の台風7号、結構強かったですよね。帰宅時頃から強風が吹き始め、突風でカサの骨が折れ、最悪でした!

と、同時にトマトの事が気になり、心配しながら帰宅。強風はかなり続いていましたが、翌日、トマトは無事でホッと一安心でした。


20180629_130041.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:35 | めぐみだより

2018年07月06日

安居の日常

こんにちは、グループホーム安居です。

安居は、1ユニット9名で、2ユニット計18名の入居者様が生活されています。


今回は、毎月ユニット合同で行っている「安居の学舎」の様子をお届けします。6月の教科は、「音楽」でした。懐かしい唱歌や「あんたがたどこさ」の手遊び歌。歌いながら同時に体も動かし・・・、手足がチグハグな方が続出。大いに笑い、とても盛り上がりました。

1.JPG


2.JPG


3.JPG


拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 12:30 | めぐみだより

2018年07月05日

家族の時間

働く母にとっては、我が子の病気や怪我などで、仕事を休まざるを得なくなることもよくある話ですが、この季節の台風襲来もそれにあてはまります。


先日、九州付近に接近していた台風で、子供たちが通う学校と幼稚園がそれぞれ休校、休園になりました。子供たちは、私の仕事の間、お留守番をするには、まだ早すぎる年齢。そんな時に頼りになるのは、近くに住む私の両親です。早速、実家に電話をいれると、「はいはい、分かりました。」との快諾をもらいました。

そして翌日、母が我が家に来てくれたおかげで、無事に私は出勤することができました。子供たちと1日過ごしてくれた母には、感謝の一言に尽きます。


そんな母は、毎日元気に過ごせていますが、それでも喜寿まであと数年?というお歳。

これからも健康に気を付けて長生きしてほしいものです。そして、もっともっと家族の時間を一緒に楽しみたいと思っています。

                     yjimage.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより