2016年09月08日

「フレイルティ」

こんにちは、食事療養室の管理栄養士 Yです。


突然ですが、皆さんは「フレイルティ」という言葉をご存知ですか?

フレイルティとは、老化に伴う種々の機能低下を基盤とし、様々な健康障害に対する脆弱性が増加している状態、すなわち健康障害に陥りやすい状態を指します。

要介護状態になる主な原因に脳卒中、認知症に次いで第3位に高齢による衰弱(老衰)があげられるようになりました。(最近の話)


. 体重が減少 

. 歩行速度が低下 

. 握力が低下 

. 疲れやすい 

. 身体の活動レベルが低下

これら5つの項目のうち、3つ以上が当てはまると、フレイルティとみなされます。


ではフレイルティを予防するにはどうしたらよいか…。

食事の面からは、たんぱく質を十分に摂ることが大切です。


たんぱく質.jpg


個人によって必要なたんぱく質量は違いますが、高齢者では、健康維持の為に必要なたんぱく質が十分摂取できていないという報告もあるように、不足しがちな人が多いのが現状です。また、摂取する食品が単一的になりがちで、比較的食べやすい糖分の多い物が中心の食事となりやすい傾向があります。


規則正しい食生活を送り、良質のたんぱく質や栄養素を毎食摂取しながら、適切な運動を行う事で、生活機能の維持・改善を図り、フレイルティを予防して健康長寿を目指しましょう!

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 12:45 | めぐみだより

2016年09月07日

久しぶりの阿蘇ドライブ

先日、熊本地震以来 久しぶりに阿蘇方面にドライブに行きました。

いつもは、高速で益城インターまで行き、阿蘇に向かうことが多いのですが、今回は、地震後の道路状況もあり、小石原→日田→ファームロード→小国→ミルクロード→大観峰→やまなみハイウェイというコースで行ってきました。(日田街道212号線が地震の被害で通行止めの為)


やっぱり阿蘇地方は、最高にリフレッシュできます。ミルクロードでトウモロコシを食べながら、緑の草原、阿蘇の雄大な景色を見ていると、心が洗われます。地震による崖崩れが所々に見られるも、外輪山の裾野から吹き上げてくる風はとても涼しく、下界は35度と猛暑の中、ここは25度と心地良い風に、いつしか日頃の疲れが吹っ飛んでいました。

Image_2be28a3.jpg Image_38833a6.jpg

温泉は、お気に入りの岳の湯温泉『裕花』に行きました。裕花の家族湯は、毎回お湯を入れ替えます。コインを入れると、たくさんのお湯が浴槽からあふれ出るほどです。テレビで放送されていましたが、お湯はメタケイ酸という保湿成分がとても多く含まれ、肌がスベスベになり化粧いらずと言われていました。

Image_01edf3d.jpg Image_636d7fc.jpg Image_d5338a2.jpg

帰りもファームロードを通り日田に向かう途中、素晴らしい雲海の景色に出会い感動!思わず車を止めてカメラのシャッターを切っていました。

Image_bd4868c.jpg

夕食は日田、三隈飯店(日田ではちょっと名高いお店)で日田焼きそばを食べて帰り、とてもリフレッシュ出来たドライブになりました。


熊本地震で被災された方々、一日も早い復興を願っています。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:05 | めぐみだより

2016年09月06日

年齢詐称?

先日、ショートステイ和光をご利用中に、87歳のお誕生日を迎えられた

N様。ご利用者様及び職員一同で、ささやかながら、手作りケーキでお祝いをしました。

年齢詐称@.JPG 年齢詐称A.JPG


年齢詐称B.JPG 年齢詐称C.JPG

「いくつになりましたか?」

何度尋ねても、82歳と答えられます。 (o)


足腰が丈夫で、いつもお若いのは、(−5歳)の効果なのかもしれませんねー。

いつまでもお元気でいてください。

永遠の「82歳」に乾杯! (^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2016年09月05日

夏野菜たち

近頃は、朝夕も涼しくなりはじめましたね。秋の足音も近づいてきたと感じる毎日ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。


私の勤務する病棟には園芸グループがあり、患者様と一緒に、季節毎に様々な野菜を育てています。

メンバーの皆さんは、野菜が大好きなのです。(^O^)

夏野菜たち@.JPG

この夏は枝豆、ナス、キュウリ、オクラ、ミニトマトの5種類を植えていましたが、夏の間中、たくさんの実をつけていました!

夏野菜たちA.JPG

夏の終わりが近づくにつれ収穫量も落ちてきましたが、最近も変わった形のキュウリやナスが採れています。(よく見ると愛らしく感じますね。)

収穫後は、簡単な調理をして試食もしています。

夏野菜たちB.JPG

少量ではありますが、キュウリの和え物やナスの田楽などを作り、メンバーの皆さんと舌鼓を打ちました!(自分たちで一所懸命育てたので、味もまた格別です。)

こうやって自然と触れ合いながら季節の移り変わりを感じるのも、大切なことですね。(^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:22 | めぐみだより

2016年09月02日

「たからもの」

知らない事が多すぎて、日々調べ物が絶えない私。


「まだ若いけん」


なんて、そんな言い訳は30代を目前にして、もう通用しない!と自分に言い聞かせて日々勉強中です。


でもそんな世間知らずで無知な私に、いろんな事を教えてくれる人生の先輩がいます。


時には人生の先輩、職場の上司として、
時には母として、1人の女性として、


簡単な料理のレシピや、ことわざ、さらには電話応対や文書の書き方など、ありとあらゆる事を、貴重な時間を割いて教えてくれます。


私にとっては貴重な助言、
貴重な情報だから、必死でメモを取り、
私のノートは、先輩の教えでいっぱい。


知恵の詰まったノートがすでに1冊完成!


大切な私の財産です。
いつも有難うございます。先輩!


                 先輩A.jpg  

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 12:34 | めぐみだより