2016年10月28日

新・放射線室の旋風(かぜ)F

(お誕生日、おめでとう!)


先日、私の親戚のお兄さんが亡くなりました。(お兄さんといっても、60歳でしたが。)癌だったそうです。聞かされていなかったのですが、しばらく入院していたみたいでした。仕事を定年退職し、これから第二の人生を謳歌する予定だったことでしょう。とても残念です。そして未だに信じられません。いきなり背後から、「よう!なんしよん!?」と声をかけられそうな気がします。随分前に服を貰ったのですが、結局、それが形見となってしまいました・・・。


ところで皆さんは、年に一回必ず誕生日を迎えられると思いますが、その誕生日を迎えられた時、周囲の方から「お誕生日、おめでとう!」とお祝いされることもあるでしょう。しかし、きっと皆さんは「全然めでたくないよ〜」などと返事をされているのではないですか?歳を取るのは嫌なことが多いですからね。その気持ちも分かります。

しかし、世の中には今回の私の親戚の様に、寿命を迎える前に亡くなる方が数多くいらっしゃいます。幼い子供でも、病気や事故などで命を落とす場合もあります。また、仕事がバリバリでやる気に満ちた現役世代の方も、志半ばで無念にも亡くなることもあります。

いきなり癌を宣告された方は、「何故私が・・・。」、「まだ生きたい・・・。」などと言っておられると思われます。


そのような方もいらっしゃる中、今年も健康で何事もなく誕生日を迎えることが出来たにも関わらず、「全然めでたくないよ〜。」と言うことは、間違っていると思いませんか?無事に生きているのですよ!?再び迎えることが出来た誕生日には、やはり心から「おめでとう!」だと思うのです!そうでないと、不幸にも寿命を迎える前に亡くなってしまった方たちに対して申し訳なく感じてしまいます。

歌にもあるように、「happy birthday」なのですよ。


さあ、あなたの周りの誕生日を迎えた方へ大きな声でお祝いしましょう!


お誕生日、おめでとう!!!

                      誕生日.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:07 | めぐみだより

2016年10月27日

最高の久住登山!

10月10日 体育の日に、久住山に登りました。

早朝の牧の戸登山口(標高約1300メートル)は、空気がひんやりとして寒いくらいでした。しかし、登り始めたら、身体がポカポカしてきて・・・そのうち汗ばんできました。上着を脱いで、リュックに入れました。

CIMG0055.JPG

30分くらい登り、眼下を見下ろすと見事な雲海が山並みの谷間に広がっていました。

太陽の光に照らされて、雲海の表面が真っ白く輝いていました。その雲海の向こうにポコッと頭を出して浮かんでいる山がありました。よく見ると、数日前に噴火した阿蘇の高岳と根子岳でした。

 CIMG0057.JPG

あの噴火が嘘みたい・・・自然が生み出す神秘的な光景に、しばし見とれました。

さらに、岩と岩の間をフーフー言いながら登り進んで行くと、少しなだらかな道に出ました。ふと、足元を見ると青紫色の小さなりんどうの花が咲いていました。冷たい風から身を守るように、地面近くでひっそりと咲く小さなりんどうの花。愛おしいりんどうの花よ・・・そこに咲いていてくれてありがとう!

CIMG0058.JPG

九重登山は、九重分かれの先に見えている山頂手前の登りがとてもきついです。大きな石がごろごろ転がっています。以前、登った時は、強風が吹いて、吹き飛ばされそうになりながら、必死で登りましたが、今日は、良いお天気と心地よい風に恵まれました。

急斜面を、ハァーハァー言いながら這い上がるように登り・・・ようやく頂上にたどり着きました。

CIMG0061.JPG

目の前に広がった大パノラマ・光景の素晴らしいこと! 

九重高原、山並みをぐるりと一回り眼下に見渡すことができました。緑色の草原の中にススキの穂が揺れ、色づき始めた草木があちこちに点在して、見事な秋の風景でした。見上げれば、真っ青な澄みきった空・・こんな素晴らしいお天気に恵まれた九重登山は、初めてでした。


山頂でおにぎりとパンをパクパク食べました。「おいしい〜!」

暑くもなく寒くもなく・・お日様の光を浴びながら山頂でくつろぎました。

きつい思いをしましたが、今回も山頂に到達することができて・・・幸せでした。


下りもけっこう大変。足首を痛めないように気を付けながら下りました。

下山している途中で、ミヤマキリシマの花が一輪咲いているのを見つけ

ました。

「うわーっ!ミヤマキリシマ!」思わず叫んでいました。

秋にミヤマキリシマの花を見られるなんてラッキー!・・久住山からいただいたステキな贈り物でした。景色に見とれて歩いていたら、ステーンと尻もちをついて転んでしまいました。

「イターッ!」幸い、怪我はなかったのですが、とても痛かったです。

これも良い思い出かな・・・。

CIMG0056.JPG

無事に牧の戸登山口に下りてきました。少々、足は痛いですが、清々しい気分!最高の久住登山でした。

「久住山!今日も素晴らしい自然を満喫させてくれてありがとう・・・また来るね!」

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:29 | めぐみだより

2016年10月26日

オカメインコとダイエット

自宅には、2羽のオカメインコがいます。シロとミドリ(通称ミーちゃん)です。オカメインコと聞くとインコの仲間だと思われるかも知れませんが、実はオウム目オウム科に属する小型のオウムなのです。小型といっても尾羽を合わせると20cm以上もあります。たてがみと頬の愛らしいオレンジの丸模様が特徴です。(模様がないものもいます。) 性格は人懐こく、それでいて環境の変化に弱く、とても臆病です。 

先日、電気屋さんがパソコンの修理で自宅の鳥部屋を訪れた瞬間、パニックを起こし、カゴの中で飛び回ってしまいました。(泣)


ところで、私は今ダイエットに嵌っています。トマトジュース、特茶、ヘルシア緑茶、胡麻麦茶の摂取、毎食時の野菜の摂取(減塩、低コレステロールドレッシングの使用)、禁酒、油ものの非摂取、昼食後のカフェオレの非摂取等に日夜、取り組んでいます。運動はしていませんが・・・。


最近、私が鳥部屋を訪れた時のことです。(ここ一週間忙しくて、鳥さんたちに会えていませんでした。) 部屋に入った瞬間、パニックを起こし、カゴの中で飛び回ったのです。・・・もうお分かりですね(笑)


                    オカメインコ.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:34 | めぐみだより

2016年10月25日

「秋のデイケア近況報告〜ハロウィンとマニキュア〜」

気温も下がり、すっかり秋らしくなってきました。

病院の敷地内にある、キンモクセイもいい香りで、秋を感じさせてくれます。


さて、最近のデイケア光明ABでは、室内をハロウィンの飾りにしました。

先月から、ご利用者様と準備してきました。

今回は、なるべく立体的に作っています。

オバケは、フェルトをオバケの型に縫っていただき、その中に綿を詰めて作りました。

コウモリは、段ボールを切り取り、上から黒く塗りました。

カボチャは、新聞紙(三日分ほどの量)を使用し、カボチャの型を作り、その上から、お花紙を何枚も何枚も水溶きボンドで貼り、乾燥させて出来上がりました。

ご利用者様やスタッフからも「かわいい。」、「上手く出来とるねぇ。」と好評です。


CIMG0915.JPG CIMG0916.JPG

また、朝行っている小人数でのグループ活動では、マニキュアを行いました。

「ここでしてもらえるなんて嬉しい。」「祝日にお出かけするから、ちょうど良かった。」「帰って旦那に見せよう!」など、たくさんの嬉しい声が聞こえてきました。


マニュキアの色も、ご利用者様が自分で決めたり、スタッフに勧められた色をしてみたりと、楽しまれていました。

CIMG0438.JPG CIMG0439.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:02 | めぐみだより

2016年10月24日

プレゼント

先日、珍しく娘たちから本屋に行こうと誘われました。彼女たちが目当ての参考書や漫画を買い、車に戻ろうとしていた時に、「先に車に乗ってて!」と一言。買い忘れたものがあるのかと思ってひとり車の中で待っていると、しばらくして娘たちが戻ってきました。


帰りの車中では普段と変わらない会話でしたが、自宅に到着すると「パパ、誕生日おめでとう」と本屋の袋を渡してくれました。包装紙の中には、来年の手帳が入っています。そう言えば、先日家族で買い物に行った時にカレンダーのコーナーで、「もう来年のカレンダーが売っているよ。そろそろ新しい手帳も買わないといけないね。」と独り言のように呟いたのを思い出しました。


娘たちからは「誕生日プレゼントは何がいい?」など聞かれたことはないのですが、彼女たちなりにアンテナを張って私に気付かれないように情報交換していたようです。「手帳もたくさん種類があったから、選ぶのに時間がかかったんだよ。」と笑顔で話してくれます。反抗期に差し掛かった娘たちからの突然のプレゼントに目頭が熱くなってしまいました。(最近、歳を取ったせいかすぐ泣きそうになってしまいます()。)


娘たちへ、

「手帳ありがとう、大事に使うからね。それと、家族みんなのために仕事も頑張るからね!!」


                    プレゼント.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 12:23 | めぐみだより