2016年07月14日

「いまを生きる」

近年、「いまを生きる態度がとても大切」といった言葉をよく耳にするようになった気がします。精神衛生上も非常に有効な考え方なのだとか…。

では、「いまを生きる」とは具体的にどうすればいいのでしょう?いくつか探してみると、次のような説明がありました。


「いま」とは文字通り過去でも未来でもなく「いま」です。私たちの意識は、しばしば過去や未来にばかり向けられ、そこで「ああでもない、こうでもない…。」と考えを巡らしては、疲れ果てるもの。実は、悩みや苦しみは「いま」には存在せず、過去や未来にだけあるものです。そもそも過去や未来とは、本当には実在していない、私たちの想念の世界にだけある幻想に過ぎません。その証拠に、私たちは11秒でも過去にも未来にも行くことはできません。いつも目の前の「いま」があるだけ。仏教や禅の世界でも、同じことが伝えられてきました。


つまり「いまを生きる」とは、過去の経験や後悔、未来への不安や恐れなどの“幻想”に惑わされることなく、たったいまの“現実”に静かに向き合うことです。そうすれば、単に個人的解釈に過ぎないかもしれない過去の出来事から自由になり、未だ起きてもいない未来への不安を思い描くことの無意味さに気づきます。それによって悩みや苦しみを少しでもやわらげることができるかもしれません。


座禅や瞑想(メディテーション)、マインドフルネスなどがストレス解消や身体のバランスを整える効果があると言われる理由も、このあたりにあるのかもしれません。絶え間なく浮かんでくる様々な思考を離れて内なる宇宙の静寂に身を任せることができたら、日常の喧騒から解放される気がします。試してみる価値はあるかもしれませんね。「いつやるの?」、はい皆さんご一緒に…。


            瞑想A.jpg  瞑想@.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:09 | めぐみだより

2016年07月13日

「来ました!この季節(^-^)」

梅雨の最中、晴れるとうちの家族はどこに行こうかと、うずうず
とりあえず冷蔵庫にある食材と飲み物をクーラーボックスに詰め込み、手際よく遊びの準備を始めます。うちには「働かざるもの食うべからず、遊ぶべからず」というルールがあります。
子供たちも遊びとなれば、せっせと働いてくれます。


さあ、準備OK!となり、今回は宇美町のキャンプ場に出かけました。着くなり子供たちは水着に着替え川遊び。カニ探しや川の小魚釣りに大はしゃぎです。川の水はまだ冷たかったですけどね。 (*_*)

日高A.jpg 日高B.jpg

私たち親はというと、キノコのホイル焼きや、焼き野菜に焼肉で乾杯!1人はノンアルコールのお酒です。(ダメ!絶対、×飲酒運転)

最高に美味しかったです。(≧∇≦) 連れて行った愛犬もはしゃぎ疲れてました。

日高.JPG 日高C.JPG


こうしてうちの家族は、慌ただしい日常から少し離れてリフレッシュしています。 (^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:55 | めぐみだより

2016年07月12日

グループホーム安居だより「七夕飾り」

こんにちはグループホーム安居です。

7月になり、連日暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。安居では、暑い日はできるだけ外には出ずに、ご入居者様と一緒に室内で活動を行っています。今日は、七夕の創作活動をご紹介します。

皆様に季節を感じて頂こうと笹を準備し、七夕飾りを作って頂きました。

1.JPG 5.JPG


3.JPG 4.JPG 2.JPG

出来上がった作品と一緒に記念写真!どれも上手に出来ていますね。

とても嬉しそうです。 \(^o^)

6.JPG

皆様のお部屋の入口のドアに飾っています。

短冊には、どんな願い事が書かれているのでしょうか? (^O^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:13 | めぐみだより

2016年07月11日

穏やかな時間

「ほら、見てんしゃい。バラが咲いたよ。」

「もち〜っと(もう少し)こっち寄せると、よう見えるばい。」

昨日まで、まだつぼみだったバラが咲き、その報告をしてくれる患者様のTさん。ガラス越しでもよく見えるように、プランターの配置のアドバイスをしてくれました。

P1030365.JPG

5病棟 西側廊下の先には、ベランダがあります。そこには、先輩看護師のOさんが仕事の合間を縫って、たくさんの花々をガーデニングし、ガラス戸越しにも見えるようにプランターの位置を工夫され、患者様や同僚の目を楽しませてくれています。朝顔、ペニチュア、マリーゴールド、ダリア、ゼラニウム、ラベンダー、バラ・・・等々。

毎年、花が咲き終わると大切に種を取り、次の年に花を咲かせているのだそうです。命を繋いでくれているのです。花を育てることが苦手な私は、大変な作業かな・・・と思うのですが、Oさんは大変だなんて一言も言わず、「患者様が毎日、変化を見て伝えてくれるのよ。」と笑顔で嬉しそうに話してくれました。さすがだなぁ〜と思いました。

P1030327.JPG P1030366.JPG

梅雨の合間の晴れた日、何気に「ひなたぼっこがしたいなぁ〜。」とつぶやいた私に、数人の患者様(Fさん、Wさん、Yさん他数名)が「いいね〜、いいね〜。」と集まってきてくれました。そこで、皆でベランダに出てみることにしました。いつもは部屋のカーテンをピシャリと閉めて、ベッドで過ごすことが多い、口数の少ない男性 Fさんも参加してくれてちょっと意外・・・。腕を組み、空を見上げて「暑くなったなぁ〜。」と一言。Wさんは「家におる時は、しよったもんねぇ〜。」と自然に草を取ってくれたり、手入れを始めてくれました。椅子に腰かけ「やっぱり外はいいね〜、気持ちよか〜。」と空を眺め、ちょっとまぶしそうに Yさんが話します。他のみなさんも、思い思いに過ごされています。


季節の花々と青い空と、洗濯物をなびかせてくれる風・・・。私も含め、それぞれみんなが心地よいと感じた穏やかな時間でした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2016年07月08日

七夕

こんにちは、食事療養室です!

昨日は七夕でした。去年は生憎の雨でしたが、今年は天気が良かったので、彦星と織姫は無事に会えたことでしょう。良かったですね。 (^v^)


昨日の昼食は行事食だったので、ご紹介します。

冷やしそうめんは具沢山で、彩りも綺麗に仕上げました。

えび卵のあんかけは、えびも大きく、食べ応えのある一品です。


[メニュー]

・冷やしそうめん

・えび卵のあんかけ

・ふろふき大根

・七夕ゼリー

・牛乳

DSCN0187.JPG

行事食のカードは、彦星と織姫のイラストに、笹の竹ということで可愛らしいパンダも入れてみました。いかがでしょうか?


ご利用者の方々が、穏やかな毎日が過ごせますように。


                     七夕イラスト.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:03 | めぐみだより