2017年02月02日

観梅

みなさん、こんにちは。先日、梅を見に出かけました。

生憎雨が降っていましたが、梅を観る時には、少し晴れ間も見えて、ゆっくり楽しめました。

紅梅は、3〜5分咲きでしたが、白梅は、1分咲きにもなっていない様子。

それでも見ていると、気持ちがとても和み、つい写真を撮りました。

観梅.JPG


でも梅と言えば、私の一番身近での楽しみは、職場の中庭にある梅の木です。小さな木ですが、枝振りがとても立派です。今年もつぼみが、たくさんふくらんでいます。もうすぐ開花して、周りの人を楽しませてくれることでしょう。

今からとても楽しみです。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:07 | めぐみだより

2017年02月01日

「お面作り〜節分の準備」

皆さんこんにちは。今日は、デイケア光明で行った、「めぐみの学舎」の図工の授業風景をご紹介します。


今回のテーマは、2月の“節分会”に向けた鬼のお面作りです。スタッフが前もって準備していた材料を各テーブルに配布し、いざ、お面作りスタートです。皆さん、髪の毛や角、目、眉毛など思い思いに貼り付けていきます。もちろん苦戦されている方には、スタッフがサポートしています。

DSC01401.JPG DSC01407.JPG


DSC01420.JPG DSC01415.JPG

そして、個性豊かな赤鬼、青鬼が出来上がりました。2月の“節分会”ではこのお面を被り、皆で楽しめる豆まきに因んだゲームを企画しようと考えています。

DSC01416.JPG DSC01418.JPG DSC01425.JPG


DSC01443.JPG DSC01445.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:21 | めぐみだより

2017年01月31日

梅の香

先日、東京に行った際、皇居の外苑と東御苑を散策してきました。

外苑は松がとても青々と美しく、東御苑は緑豊かで、冬の澄んだ空気と相俟って心が洗われるようでした。


【皇居・外苑】

梅の香@.JPG


寒さ厳しい日が続きますが、季節は一歩ずつ春に近付いています。


【東御苑内】

梅の香A.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:15 | めぐみだより

2017年01月30日

「105歳!?」

こんにちは、グループホーム安居です。

今年最初の「安居だより」は、今月お誕生日の方々のご紹介です。


毎月、ご入居者様に飾り付けをして頂いたケーキで、お誕生日の方のお祝いをしていますが、1月は、7名の方のお祝いをしました。

その中に、グループホーム安居開設当初より入居されている方で、105歳になられる方もいらっしゃいました。 (o)

皆さんからの「おめでとうございます!」、「お若いですね〜。」、「もっと長生きしてくださいね。」等の言葉に、笑顔で手を振り挨拶をされ、とても元気いっぱいの105歳です!!

これからも元気に、素敵な笑顔で、私達を和ませて頂きたいものです。 (^O^)

6.JPG DSC06175.JPG


DSC06210.JPG DSC06141.JPG DSC06229.JPG


DSC06244.JPG DSC06204.JPG

さて、105歳の方は、どなたでしょうか? みなさん、分かりましたか。(^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:56 | めぐみだより

2017年01月27日

そうだ!広島へ行こう ♪

少し前のことですが、昨年の11月に広島に行ってまいりました。

念願の宮島観光!

フェリーを降りてすぐ、野生の鹿ちゃんたちの歓迎を受けました。

鹿1.jpg


そして海の上のお社、厳島神社!

美しい朱塗りの建物に囲まれ、水の上を歩くという幻想的な出来事に、思わず「おおおぉぉ!」と感嘆の声が漏れてしまいました。\(^o^)

厳島.JPG


ちょうど紅葉もそこそこ見頃のシーズンだったので、山側の公園を散策♪

もみじ.JPG


厳島神社から少し上がったところにある、大聖院にも行ってまいりました。

大聖院.JPG

こちらでは、「守り砂」を頂きました。

守り砂の由来は、宮島を訪れた旅人の道中の無事を願って、島の人たちが宮島の砂をお守りとして渡し、無事に帰れた旅人がそのお礼として故郷の砂をお返ししたことだそうです。現在の守り砂は願をかけ、その願いがかなえば宮島に守り砂をお返しし、またその幸せにあやかりたい他の方が、守り砂を持ち帰っていくというような形で引き継がれています。

私もまた宮島を訪れて、守り砂をお返しできたらなあと思います。


余談ですが、ホテルに戻る道すがら、広島ならではな物を発見しました。

カープ.jpg

これは可愛い!!

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより