2016年06月13日

ほたるまつり

先月末に、古賀市のグリーンパークで開催された「第一回ほたるまつり」に行ってきました。まつりの終わりかけに行ったのですが、出店はまだ営業していて、たこ焼きと「ホットク」(韓国のホットケーキの様なお菓子)を食べました。マシッソヨー♪、まずは腹ごしらえからです。(^v^)

ほたるまつり@.JPG ほたるまつりA.JPG


肝心のホタルなんですが、たくさん飛んでいるところを想像していましたが、実際は所々に数匹飛んでいるだけでした。(T_T) 少し時期が早いのかなぁ・・・、しかし、今年初めてのホタルを見ることが出来て、心が和みました。また来年も機会があれば、行きたいと思います。

ほたるまつりC.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:31 | めぐみだより

2016年06月10日

怪獣雲

先日、車で高速を走っていた時のことです。何気なく車窓から空を見ていると、おもしろい形の雲を見つけました。「竜」のような、「怪獣」のような・・・、

興奮して思わずスマホのカメラで写真を撮っていました。(後部座席に乗っていて良かった!運転していたら撮れないので・・・。)

怪獣雲@.JPG 怪獣雲A.JPG

その後も、角度によっては、視界から消えたりしていましたが、ずーっと「怪獣雲」を見ていました。最後は、何だか長〜く伸びて、消えてしまいました。少しの間でしたが、童心に戻ることが出来たみたいです。


最近は、空を見上げることも雲を見ることも、めっきり少なくなりましたが、何だか楽しい発見もありそうなので、これからは「上を向いて歩こう」です。 (^O^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:27 | めぐみだより

2016年06月09日

ご縁を頂き「我が家にお嫁さんがやって来た。」

私も姑になった。古い友人たちは、「お宝息子を盗られて凹むよ。」などと噂していた模様。

意外や意外!思いのほか楽しい。月に1回くらいお嫁さんから買い物や食事、散歩の誘いがある。もちろん何はさておき、しっぽふりふり、トコトコ出かけて行って一緒に楽しむ。


幸い子宝に恵まれ長男を授かった時、「神様からの預かりもの」と考え(至らない私が親になるチャンスがもらえたから)わが身を捨てて子育てにまっしぐらの27年間。もう「卒業だ」。


若い夫婦は、これからの人生で迷ったり悩んだり・・・、色々とあると思う。そんな時は、ちょっと立ち止まって振り返って欲しい。二人を見守るじぃじやばぁば、両親、兄弟、たくさんの先輩、友人たちがいっぱい応援してくれているのが見えるはず。

そして静かに思い出して欲しい。答えは、自分の中にあるもの。


これから私は年を重ね、老いて、病んで、そして彼岸へ・・・、そんな順番が来た。


愉快な仲間と笑い合った、目じりのしわ。

つらい時も苦しい時も歯を食いしばって耐えた、口元のしわ。

一つ一つの「しわ」が財産だ。私自身が今年の正月に立てた目標に近づけるように、そして少しでも二人のお手本になれるように、生きて行きたいな。


これからもよろしくね、めぐみちゃん


DSCF4339.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2016年06月08日

「WLB(ワークライフバランス)カンゴザウルス賞」

平成28年5月25日〜26日の二日間、東京へ出張してきました。今回の目的は、第4回「看護職のWLB推進カンゴザウルス賞」授賞式に参加することです。25日の午前に羽田空港に到着。その足で隅田川のクルージングへ参加。あわただしく都内を見学(見物?)後、午後から青山ダイアモンドホールにて、カンゴザウルス賞を頂きました。

阿部@.JPG 阿部D.JPG 阿部E.JPG

福岡県からは、当院の他に3つの病院が参加、私たちも一緒に、和気あいあいの時間を過ごさせてもらいました。パワーあふれる日本看護協会 坂本会長とのスリーショット撮影も楽しいひと時でした。会場では、全国から参加された各施設が努力されている様子も肌で感じられ、あらためて「WLBを推進させるぞ!」と気合が入りました。

とても貴重な体験をすることが出来ました。

阿部A.JPG 阿部B.JPG

式終了後、すっかり暗くなった街へ出かけて、東京タワーから都内の夜景も楽しみました。二日間と短い間でしたが、東京ライフを満喫出来ました。

阿部C.JPG

当院もWLB推進に参加させて頂き、組織・経営者、患者様・ご利用者様、職員も満足できる病院、職員が働きやすい職場を目指して頑張っています。

そしてこれからは、働きやすいだけでなく、職員が安心して長く働き続けられる職場を皆で作って行きたいと思っています。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:40 | めぐみだより

2016年06月07日

「まごわやさしい」

みなさん、こんにちは。食事療養室です。今日は、少しまじめなお話です。

伝統的な日本型の食事は、「一汁三菜」が基本になっています。一汁三菜とは汁物(一汁)、おかず三種(主菜1品、副菜2品)で構成された献立で、バランスのよい食事の目安になります。

一汁三菜.jpg

ごはんでは、エネルギーの素となる炭水化物を、汁物は水分を、おかずでは他の栄養をバランスよく摂ることができます。主菜には、魚や肉、卵、豆腐などのたんぱく質を、副菜には野菜や、芋・豆・きのこ・海藻などのビタミンや食物繊維、ミネラルを摂るような組合せ、副々菜ではその他の足りないものを補うようにします。また、三品のおかずの調理法がかぶらないようにすると良いとされます。

・・・しかし、忙しい現代人の食生活ではなかなか厳しく、とても難しいというのが現実ですよね。


バランスの良い食事の実践のために、“まごわやさしい”を意識して食事をして見ませんか?

:豆類

:ごま

:わかめ(海藻類)

:野菜

:魚

:しいたけ(きのこ類)

:芋類


この組合せによって、体に必要な栄養素をバランスよく摂ることができます。

また、豆類の発酵食品は乳酸菌、ビフィズス菌が多く含まれており、腸内環境を整え、免疫力の維持にも役立ちます。ぜひ参考にしてください。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:00 | めぐみだより