2016年05月23日

「新・放射線室の旋風(かぜ)E」

(手提げバッグ)


つい先日のことです・・・。

我が放射線室の前には、廊下をはさんでトイレがあり、その出入口の脇には長椅子があります。朝の10時頃だったでしょうか、長椅子の上に手提げバッグが置かれていました。長椅子には、人が座っています。

「おや?この手提げバッグ、私の出勤時から置いてあったような気が・・・?」そう思いながらも断定は出来ません。何故なら、長椅子に座っていらっしゃる方のかもしれないですし、あるいはその時、持主の方はトイレの中かもしれないですから・・・。勝手に持って行けないなぁと、取りあえずそのままにしておきました。 (o)


そして11時頃、再び手提げバッグの存在に気付きました。これはもう、忘れ物に間違いないと思い、他の職員に「あのバッグ、ずっとありますよね?」と聞くと、「そうですよね?朝から置いたままですよね??」と言われました。そんな中、別の職員が「私、そのバッグに心当たりがあります。」と言って、持って行きました。


そこで私は気付いたのですが、朝から約3時間、そのバッグは結果的に長椅子の上に存在し続けたわけなのです。何て治安の良い病院なんだ!と思いました。バッグを黙って持ち去ろうとした人は、誰一人居なかったのです。良い人ばかりではありませんか!変なニュースしか聞けないこのご時世において、なかなか考えられないことです。少し感動してしまいました。


その後、この手提げバッグは無事、所有者(実は、トイレ近くの部署の職員でした)の元に届けられたそうです。めでたし、めでたし (#^.^#)


(但し、後からよくよく考えると、気付いた時点で確認し、速やかに受付に届けていれば、もっと良かったなぁと思いました。不幸中の幸いだったのかもしれませんね。反省です。)(T_T)


                          バッグ@.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2016年05月20日

恩師

私の小学校時代の同窓会が、定期的に行われています。当時、担任だったT先生も、時間が合えば必ず遠方より駆け付けてくれます。T先生からは、勉強以外にも多くのことを学びました。学生の頃に「教師になりたい」と思っていたのは、間違いなく先生の影響でした。


同窓会ではT先生を囲んで、懐かしい話に花が咲きます。また、友人たちとは同年代ならではの仕事や子どもたちの話になるのですが、先生はいつもニコニコと嬉しそうに私たちの話を聞いてくれます。私たちも年齢を重ねた分、見た目も老けてしまいましたが(笑)、先生の優しい眼差しを見ると「何歳になっても『先生と生徒』なんだなぁ」と感じます。


帰り際にT先生から「昔から、あなたは人のために働く仕事に就くと思っていた。・・・そのとおりになったよ。いい職に就いたな、頑張れ。」と声をかけていただき、思わず涙が出そうになりました。


今回の同窓会は、定年を迎えたT先生のお祝いということで集まりましたが、先生から逆にパワーをもらい素敵な一日になりました。

「T先生、ありがとうございます。いつまでもお元気でいてくださいね。」


恩師@.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2016年05月19日

楽しい餃子作り

休日、久しぶりに子供たちと餃子を作りました 右矢印2右矢印2

形は気にせず、皮に包むのは子供たちにまかせて!

ぎょうざA.JPG


うまい具合に、羽根つきに焼く事もできました。

ぎょうざ@.JPG


もうすぐ3歳の子に「自分で作ったのは、おいしいねぇ!」と話して食べさせると、ニッコニコ笑顔でパクパク食べてくれました。(^O^)


また一緒に作ろうねー。(^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:38 | めぐみだより

2016年05月18日

「子育て四訓」

皆さんは、山口県の教育者の方が提唱したという子育ての心得をご存知でしょうか。長女がまだ小学1年生ぐらいの頃、学童保育の先生に教えて頂いた言葉です。


1、乳児はしっかり肌を離すな

2、幼児は肌を離せ 手を離すな

3、少年は手を離せ 目を離すな

4、青年は目を離せ 心を離すな


わが家の子どもたちは、思春期真っ只中の小学6年生の長女と、まだまだ甘えん坊の小学2年生の長男です。ですが以前と違って、もう、1人で学校に出かけて行き、休みの日も友達と遊びに行く様になりました。親の知らない所での行動が増えていって、日に日に把握する事が難しくなってきています。子どもを信じて待つという事の難しさを、肌で感じています。


私も子離れ、親離れができ、「子育て四訓」を目標にこれからの子育てを頑張っていきたいと思います。


これからお互いに自立した親子になりたいものですが、まずは目の前の思春期を全力で受け止めていきたいと思います。


                      母と子.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2016年05月17日

めぐみ病棟だより「食欲旺盛、お元気です!」

新緑の頃、風も爽やかですが、依然として暑かったり冷え込んだりが続きますね。皆様、体調はいかがでしょうか?

久々のブログなんですが・・・、我がめぐみ病棟の患者様達は、大変お元気でして、相変わらず食欲旺盛でいらっしゃいます。 (^o^)


めぐみ病棟では、毎週水曜日に回想療法、月に一回「めぐみの学舎」を行っているのですが、『食べ物の話』になると、ほんと!!毎回盛り上がります。

先月末に、めぐみの学舎で「福岡の郷土料理について」という家庭科の授業をしたのですが、回想療法でも話題になる『がめ煮』についての意見が出ました。それぞれの家庭の味付け、中に入れる具材など意見が飛び交い、ホワイトボードに書ききれないくらいでした。皆さんから「今度作らせてよ。」、「そうたい、そうたい、作りたいったい。」とご要望があり、次回は買い物のシミュレーションをすることになりました。そして、皆さん声を揃えて「師長さんお願い、作らせてください。」と頼まれていました。 (o)


現在、入院されてはいるものの、昔は家庭の台所を支えられていた主婦の方々、および男の料理で腕を振るわれたり、外食等で美味しい物を食べてこられたお父さん達です。残存機能の『食』は生き生きしています。今後、調理実習が出来たのかどうかは・・・次回のお楽しみ!!ということで、今回のめぐみ病棟レポートは、終了させて頂きます。

最後に、めぐみの学舎の様子をご紹介します。

CIMG1777.JPG CIMG1778.JPG


CIMG1798.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより