2020年12月25日

クリスマスケーキ

みなさん、こんにちは。今日はクリスマスです。ケーキは、もう食べられましたか?すでに昨夜(イブ)食べたという人も多いでしょうね。私もその一人です。(ちなみに、フルーツがのったタルトを食べました)やっぱり、クリスマスの主役はケーキですよね。プレゼントはなくても、ケーキがあれば、クリスマスは成立する気がします。今回は、そんな「クリスマスケーキ」についてのお話です。


昔々、私がまだ小学校低学年の頃、我が家のクリスマスケーキは、2段だったり3段だったり、両親と私、弟の四人家族には不釣り合いなぐらい大きなものでした。今にして思うと、多分父親の仕事関係で、取引先から購入していたのだと思われます。当時は、今みたいなフワフワのスポンジに生クリームの美味しいものではなく、甘〜いバタークリームに、どっしりとしたカステラ風生地のケーキでした。


それでも子どもですから、当日は喜んで食べます。でも当然食べきれません。2日目は、まだ何とか、しかし3日目ともなると、もうドッキリです。もったいないけど残ってしまいます。(そんな時、友だちが遊びに来て一緒に食べてくれると、母親はとても喜んでいました)昔のケーキは日持ちが良かったんでしょうね。3〜4日続けて食べさせられた記憶があります。そういうこともあり、バタークリームのケーキには、いい思い出がありませんでした。


しかし、今から10数年前に、たまたまバタークリームのケーキを食べる機会がありました。小ぶりのケーキでしたが、懐かしさと相まって、大変美味しかったです。ペロリと完食しました。もう昔のイメージはありませんでした。バタークリームも昔と比べると美味しくなったのでしょうか?


その後、バタークリームのケーキを何度か食べましたが、あの時の小ぶりのケーキの味には、かないません。あれは、思い出込みの味だったんでしょうね。また、食べたいなあと思う今日この頃です。


                  christmas_cake_png.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:53 | めぐみだより

2020年12月24日

サンタさんはいない?!

みなさん、こんにちは。今日はクリスマスイブです。サンタさんからのプレゼントが楽しみですね。明日の朝、子どもたちは枕元を見るのが待ちきれないことでしょう。ところで、みなさんはいくつまでサンタさんを信じていましたか?実は私、生まれてこの方、今まで一度も信じたことがありません・・・。


ごくごく幼少期は分かりませんが、私がものごころついてからは、サンタさんを信じたことがないですね。何故かと言うと、クリスマスの時期になると母親が、「プレゼントは、みんなで遊べるようなゲームにしなさい。」と言っていたからです。当然、お店には一緒に買いに行きます。サンタさんが間に入る余地がありません。プレゼントは、親からもらうものと思っていました。(ちなみに誕生日プレゼントは、「なるべく、本にしなさい。」と言われていました。)


教育方針なのか何なのか分かりません。母なりの考えがあったのでしょうが、何とも夢のない家庭に育ったものです。でも当時のことを思うと、周りの友だちにもサンタ、サンタと言っている人はいなかったような気がします。そういう時代だったのでしょうか?(昭和の話です)


月日は流れ、一応、私も人の親となりました。娘にはサンタさんからと、クリスマスプレゼントを渡していました。娘も信じていたようです。ところが或る年のクリスマス(小学校低学年の頃でしょうか)袋からプレゼントを取り出した娘が怪訝そうな顔をしています。見るとゲーム機の箱に「ヤマダ電機のレシート」が張り付いていました。「ヤマダ?」と言う娘に、とっさに私はこう言いました。「ヤマダは漢字で書くと山田、山田は、さんたとも読めるから、これはサンタさんからだよ。」何とか事なきを得ましたが、冷や汗ものでしたね(笑)


最後に、全国の子どもたち、サンタさんはいますよ!信じてプレゼントを待ちましょう!!(オジサンには、いなかったけどね・・・(T_T)


christmas_santa_girl_png.jpg
拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:12 | めぐみだより

2020年12月23日

テレホンカード

みなさん、こんにちは。突然ですが、みなさんのお家にも眠っていませんか?今では、ほとんど使わない、また使おうにも使いづらいもの。そう、答えは「テレホンカード」です。


今日、12月23日は「テレホンカードの日」だそうです。1982(昭和57)年のこの日、NTTの前身にあたる電電公社が、東京・数寄屋橋公園にカード式公衆電話の第1号機を設置したことにちなんでいます。もう38年も前の話なんですね。(私もまだ10代!)今では携帯電話、いやスマホが当たり前の時代です。公衆電話も見かけなくなりました。テレホンカード自体を知らない若い人もいっぱい居るでしょうね。月日が経つのは早いものです。


実は私、約20年前までテレホンカードを集めていました。仕事や旅行で県外や遠くに行く度に、お土産としてその土地々のテレホンカードを買っていました。その地方の名産やお祭り、観光名所などが柄として使われているテレホンカード。(北海道の難読地名が書いてあったり、長崎は夜景の写真、佐賀はバルーンなど)集めてはファイルに入れて、時々眺めては悦に入っておりました。(何であんなに好きだったんだろうと、今思えば不思議ですね)


その後、時は移り、私も「テレホンカード」から「ポケベル」を使う様になり、その後は「携帯電話・スマホ」を持つ身となります。テレホンカードを使う機会がなくなりました。一部は金券ショップで換金しましたが、まだ家には、額面で十数万円分残っているはずです。もったいないですが、旅の思い出も詰まっているので、このまま持っていようと思います(笑)


昔の思い出とともに時の流れを感じた、今日、「テレホンカードの日」でした。


telephone_card_png.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:40 | めぐみだより

2020年12月22日

瑠理ばっぱの育ばば日記(師走編)

コロナウイルスの渦中の大変な今日この頃、何とか元気な日々を送っています。皆さまは、お元気でしょうか? 

食事会や忘年会、全てがなくなり、なんとなく心の中に、スースーと、風が吹き抜けているようです。しかし、日々の食材の買い出しは必要ですので、近隣のスーパーマーケットに行くのですが、先日、孫たちが一緒に付いて来ると言うので賑やかな買い物ツアーでした。


季節柄、クリスマス用品の売り場が中心で、ジングルベルの店内放送が流れていました。そんな中、孫たちが、クリスマスブーツを見つけて、「これ、院長先生のプレゼント♪」と、言ってワイワイ、ガヤガヤ騒いでいました。(忘年会で院長先生から頂いたのを、しっかりと覚えているみたいです)

IMG_6175.jpg

孫たちも、入学式、運動会、生活発表会などすべてが中止になって「かわいそうかなぁ。」と思い、買ってあげることにしました。勿論、院長先生からの贈り物より、小さなブーツですけど・・・。


3人目の男の子の、お宮参り、七五三、無事に済みました。毎日、ビールを吞んで、日々のストレスを発散しています。

IMG_6190.JPG


拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:00 | めぐみだより

2020年12月21日

冬至

こんにちは、食事療養室です。

寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は年賀状の受けつけが始まったというニュースをみては、まだ手を付けていない年賀状作業をしなければと焦っています。


さてそんな今日、12月21日は冬至です。

冬至は二十四節気のひとつで、1年間で最も太陽がでている時間が短く、夜が長い日です。冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日「一陽来復(いちようらいふく)」と言うそうです。つまり冬至を境に運が向いてくるとされているそうです。


冬至といえば柚子を入れたお風呂「ゆず湯」、冬至の日にゆず湯に入ると邪気を払い、風邪をひかずに冬を越せると言われています。

また冬至に「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。冬至にかぼちゃ(なんきん)を食べるのはよく知られています。


まだまだ寒い日か続きますが、冬至をすぎたら日照時間は少しずつ長くなります。季節の行事を楽しみながら冬を過ごせるといいですね。

touji_ofuro_yuzuyu_png.jpg
拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:35 | めぐみだより