2017年05月01日

5病棟のお花見

柔らかな春の日差しが嬉しい季節になり、5病棟でも宗像ユリックスへお花見に行って来ました。幸い天気にも恵まれ、2時間程の短い間ではありましたが、満開の桜を見られて患者様は皆さん笑顔です。


行く前に病棟でおやつ、ジュース等を準備し、中に当たりくじを入れていた為、患者様は空けてビックリ大喜びの様子でした。とても楽しいお花見になりました。

P1040151.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:15 | めぐみだより

2017年04月28日

花三昧!?

さて、前回の続きです。海の中道海浜公園の花の丘で、150万本のネモフィラ(瑠璃唐草)に癒された後は、園内のフラワーミュージアムに寄ってきました。色々な花が咲いていましたが、思った程ではなかったです。(あくまで個人的見解)時期的なものですかねぇ。でも、十分目の保養にはなりましたよ。(^v^)

@.JPG A.JPG


B.JPG C.JPG


D.JPG E.JPG

次に向かったのは、噴水のあるガーデンテラスです。花壇の花もきれいで、また大きな花時計もあったりして、いい写真が撮れました。私的には満足です。他にも見所やイベントは、たくさんありましたが、天気が良すぎて暑いのと歩き疲れたのとで、早々に帰ることにしました。

(家に帰って見たら、万歩計の歩数が軽く1万超えていました) (+o+)

F.JPG G.JPG


H.JPG I.JPG


J.JPG K.JPG

思えば昨年のゴールデンウイークは、久留米にバラ展を見に行ったり、八女の山の中に藤棚や、しゃくなげを見に行ったりと花三昧でした。

今年はどうしようか!?思案中です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 12:26 | めぐみだより

2017年04月27日

ネモフィラ

先日、カメラが趣味の知人に「最近、何かいい写真撮れた?」と聞くと、「ネモフィラ撮りましたよ!青い花です。」との答えが・・・。ネモフィラ?青い花?

(o) 私は聞いたことありません。これは見るしかないと思って、週末、海の中道海浜公園に行って来ました。


晴れ渡る空の下、広大な敷地を「ネモフィラ」を求めて、テクテクと彷徨いました。目指す花の丘は、まだまだ先です。日差しを浴びて、汗がにじんできました。ああ、レンタサイクルを借りればよかった〜と思った矢先に目的地に着きました。(_;)


辺り一面のブルーに感激です。花自体は小さいので、薄い青ですが、海に見えない事もありません。老若男女、たくさんの人たちが写真を撮っていましたよ。本格的な一眼レフからスマホのカメラまで、様々です。私も負けじとパチリです。

@.JPG A.JPG


B.JPG C.JPG


D.JPG E.JPG

ちなみに、ネモフィラ(瑠璃唐草)の花言葉は、「可憐」、「どこでも成功」、「清々しい心」などです。私に当てはまる言葉はありませんが、見ていて少し清々しい気持ちになりました。(^v^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 18:18 | めぐみだより

2017年04月26日

母のこと

今月は、私の誕生月です。桜の時期に生まれたためか、桜が大好きで花が咲き始めると毎年わくわくします。今は葉桜になり、少し寂しくなっています。


この時期になると、私を産んで11日目に亡くなった母を思い出します。母は脊椎カリエスで、「子どもを産めば、命の保証はない。」と医師から言われ、家族からも反対されましたが「結婚してやっと授かった、大好きな人の子どもだから産みたい。」と頑張って私を産んでくれました。力尽きて「信ちゃん、この子をお願い。」と妹である育ての母に、私を託して逝ってしまいました。排菌していたので、私を抱くことは殆んど出来なかったと聞きました。どんな思いで生まれたばかりの我が子を見ていたのでしょう。そして私を育ててくれた叔母である育ての母は、どんな思いで引き受けてくれたのでしょうか。


私自身そのことを知ったのは、20歳を過ぎてからでしたが・・・・、それまでは親戚みんなでそのことは伏せて、私が傷つかないようにと配慮してくれていたのでした。命に代えて産んでくれた母、本当の母と変わらぬ愛情を注いでくれた育ての母、いろいろ配慮してくれた父や祖母、叔父、叔母たち・・・。

みんなの愛を受けて今の私があります。


この時期になると、いつも感謝の気持ちでいっぱいになります。

もうみんな向こうへ旅立ってしまいましたが、私も向こうへ行ったら、あらためてしっかりとお礼を言いたいと思います。合掌。


母のこと@.jpg    母のこと.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:41 | めぐみだより

2017年04月25日

昔、こんな詩がありましたね。


おうい雲よ

ゆうゆうと

馬鹿にのんきそうじゃないか

どこまでゆくんだ

ずっと磐城平の方までゆくんか

                          (山村暮鳥:詩集「雲」より)


先日、外に出てふと見上げると、真っ青な空の中に、ぽっかりと白い雲。

何だかいい感じです。そうだ、シャッターチャンス!と思って、急いでカメラを取って来て構えると・・・。あれっ、建物が邪魔だなぁ、看板も、電線も・・・。

いざ写真を撮ろうとすると、なかなかうまくいきません。仕方なく町内をウロウロ、今回もどうか不審者に間違われませんように。(+o+)


やっぱり高い所かなぁと、近くの小高い丘の神社へ。朱い柵越しに、青空と白雲をパチリ。コントラストがいいですねぇ。(^v^)

P4160211.JPG P4160208.JPG

その後も何枚か撮って、最後は教会の屋根の十字架越しにパチリ。満足して家に帰りました。

P4160215.JPG P4160216.JPG

後で気づいたのですが、雲を追いかけて、神社に始まり、教会で終わるという何とも不思議な散歩になりました。(o)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:49 | めぐみだより