2015年11月09日

「神の渇き」

マザー・テレサは、30代後半、あえてインドのコルカタ(カルカッタ)のスラムに身を投じて、生涯をそこで終えました。

修道院の生活より、コルカタのスラムの方が神に奉仕する身にとっては自然な環境だと考えたのかもしれません。

神は修道院のなかではなく、スラムにいるのだと直感したのかもしれません。

飢えた人たちに食べ物を与え、病を得た人たちのそばにいき、薬を与え、手足をさすって慰めます。

死にゆく人たちに対しては、ともに祈って、神に召される栄光を伝えます。


スラム街とは壁で隔てられた静かな修道院にいては、自分の信仰は深められない。病苦と貧困にあえぐ人々の中に身をおいてからこそ、信仰は深化し、神の御心に近づけると、直感したのでしょう。


自分がそうした人生を選びとるのを、神は欲しておられるとマザー・テレサは感じ、それを「神の渇き」と呼びました。別の言葉で表現すると 「Calling」 です。


私の「Calling」天命は、この職場にあります。日々の業務の中に「神の渇き」を実感しながら、天命を全うしようと思います。


マザーテレサ画像.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:57 | めぐみだより

2015年11月06日

水やり

光明苑病棟では、秋になり花の植え替えを行いました。

DSCF3839.JPG


5階はベランダが広いため、患者様がくつろげる空間として、ガーデニング(家庭園芸)を行っています。

DSCF3840.JPG


10月は、記録的な晴天が続いた為、定期的に水をあげないと、花が枯れてしまう恐れがありました。

「本当にいい天気だけど、花は大丈夫ね?」、「私が水やりしようか?」、「花にも栄養をやらないとね〜。」など、患者様たちが口々に心配して、声を掛けてくださり、また、率先して花に水をあげてくださいました。

DSCF4045.JPG DSCF4046.JPG


患者様たちの「水やり」のおかげで、花は今も、生き生きとしています。

DSCF4047.JPG DSCF4048.JPG


また、「何か植えたいね〜。」と患者様たちも話されており、今後、ベランダのガーデニングも、冬の花を追加する予定です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:18 | めぐみだより

2015年11月05日

一足お先に

先日、シーズンに先がけて、紅葉を見に「清水寺」へ行ってきました。清水寺と言っても京都ではなく、みやま市にある天台宗のお寺です。知る人ぞ知る紅葉の名所だそうです。


寒い日が続いたので、少しは…と期待して行ったのですが、まだ全然色づいていませんでした。やはり、少々早すぎましたか…、残念。 (^_^;)

(人はたくさん居ましたが、よく見ると紅葉見物よりも、周辺をトレッキングしている人の方が多かったです。)

でも、せっかくなので境内にある三重塔(福岡県有形文化財)を見て、また、展望台から筑後平野を眺めて帰ってきました。

紅葉@.JPG   紅葉A.JPG


紅葉B.JPG  紅葉C.JPG


次はシーズンに入ってから、耶馬溪辺りに行って、「紅葉」リベンジしたいと思います。 (^o^)

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:20 | めぐみだより

2015年11月04日

(嬉)家族旅行 第2談

熊本に遊びに行ってきました。

阿蘇の広大な大地に包まれ、自分と家族の時間を思いっきり楽しみました。

たまには、手足を伸ばして温泉に入るのもいいですね。\(^o^)

阿蘇@.JPG 阿蘇A.JPG


ここは、小国にある鍋ヶ滝です。

めずらしく滝の裏にまわることが出来ます。

たくさんのマイナスイオンを浴びて来ました。

小国@.JPG 小国A.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:44 | めぐみだより

2015年11月02日

乙女

朝夕寒くなってきたなーって思ったら、もう11月!!

今年もあと2ヶ月…・。


先日、芦屋の河川敷に、コスモスを見に行って来ました。

一面がピンクの絨毯の様で、とてもきれいでした。

コスモス@.JPG  コスモスA.JPG


  皆さん、コスモスの【花言葉】って知っていますか?

色によっても違いがあるそうですが、コスモス全般の【花言葉】は、

『 謙虚 』、『 調和 』、『 乙女の真心 』……だそうです。

乙女の真心?…そういえば、ショートステイ和光にも素敵な乙女達が

います。

今日はそんな乙女を、お二人紹介しますね!!


90歳のHさん、…その日の気分でお歳が変わります。

「Hさん、今日は何歳?」

「う〜ん!今日は37歳かな〜」…… *^〜^*

そんな笑顔が本当に37歳に見えてしまう……。不思議(・ ・ ・)だ〜〜!

そしてもう1人。

79歳のSさん、スタッフからは「先生」と呼ばれています。(以前、教師をされていました。)

いつも皆さんのお世話をしたり、優しく声掛けしたり、時には「そんな事したらダメヨ!!」と嗜めたり…。

しかし、なぜかそんな彼女も食事の時は、スタッフが横でお世話しています。

「相身互い」ですね。  ^皿^


他にも、とても素敵な人生の先輩方が、毎日入れ替わり来てくださいます。

もし、「乙女達に逢ってみたい!」と思われたら、一度遊びに来てください!

素敵な笑顔で、待っていらっしゃいますよ。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 14:38 | めぐみだより