2020年07月15日

懐かしの思い出

みなさんこんにちは。前回のブログでは福岡県の糸島の紹介をさせて頂いたので、今回は私の地元である熊本県の紹介をします!


ですが、現在コロナウイルスのため帰省出来ておらず、最新の写真がないので、だいぶ前に地元の友達と行った天草について書きたいと思います。


天草にある「シードーナッツ」という小さな水族館?に行きました。その名の通り海にあるドーナツ型の水族館です。

画像@.JPG

分かりにくいですけど、水族館の一部です。これがぐるーっと大きな円状になっています。


水族館に入ってすぐに可愛い可愛い「きなこ」という名前の犬がお出迎えしてくれます。とてもシャイな子で、犬小屋の奥の方にいる事が多いそうです。

画像A.JPG

水族館の中にはおみくじもあり、おみくじ好きの私は、すぐに引こうと友達を誘いました。昔ながらの筒に番号が書いてある棒が入っており、出てきた番号の引き出しを開けておみくじを取るタイプのものでした。気になるおみくじの結果はこちら!!

画像B.JPG

私はウミガメでした。おみくじを引く瞬間は、本当にわくわくしますよね。友達のおみくじもつい気になり、見てしまいました。(笑)


そしてそして、天草と言えばイルカです。イルカウォッチングで有名ですもんね。可愛いイルカに癒されて、つい閉園時間ギリギリまで時間を忘れて過ごしていました。

画像C.JPG

最後は、天草のきれいな海を載せたいと思います。

画像D.JPG

画像なので分かりにくいとは思いますが、実際はこの何倍もきれいです。コロナウイルスが落ち着いて、機会があったらぜひ天草に遊びに行ってみてください。


では、今回はこの辺で。みなさん、お体には気をつけてお過ごしくださいね。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 17:35 | めぐみだより

2020年07月14日

図書館

こんにちは、食事療養室です。


先日、子供たちと久しぶりに図書館に行きました。

もともとインドア派な我が家の子供たち、小学校の休校やお家での自粛生活にはあまりストレスを感じず気ままに過ごしていましたが、図書館の休館にはずっと不満をもらしていました。図書館再開に大喜びです。「図書館が開いたらしいよ。行こうか?」と声をかけるといつもはのんびり者の息子がササッと準備をして、「先に行く〜!!」と言ってピューっと出かけて行きました。


2つの図書館をまわって、息子と娘それぞれ好きな本を借りました。

小学4年生の息子は本の好みがはっきりとしているので、1人で自由に見てまわって借りる本を決めます。大人が読んでも面白い本を見つけてきたりします。

息子の選んだ本@.JPG

小学1年生の娘は、何がいいか悩んであっちへ行ったりこっちへ行ったり館内をうろうろ。ときどき声をかけながらどんな本に興味があるのかリサーチし、好きそうな本を提案して一緒に決めました。魔女やプリンセスといった女の子っぽいものより、動物やお化けがでてくる本が好きみたいです。一番のお気に入りは「おしりたんてい」シリーズです。

娘の選んだ本.JPG

どんな本を選ぶのかで興味のある事や趣味が分かり、子供たちの成長を感じます。


最近すっかり活字離れしている私も、児童書コーナーで気になった本を1冊選びました。

私の選んだ本.JPG

図書館には本を殺菌することができる装置があります。以前から置いてあるのですが、特に今の時期はこれがあると安心です。子供たちでも自分で本をセットして使えます。

装置の中に本を開いて立てます。一度に4冊まで入れられます。

本の殺菌@.JPG

扉を閉めてスイッチオン。1分程で完了です。

本の殺菌A.JPG

長い間の休館で、当たり前に感じていた図書館のありがたさを再確認しました。この日常が続きますように。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 16:13 | めぐみだより

2020年07月13日

エクソシスト

みなさん、こんにちは。突然ですが、最近の車は、しゃべるんですねぇ、と言ってもカーナビの話ですが・・・。私の車も毎朝、エンジンをかけると今日の天気と、「今日は何の日」と教えてくれます。(時々、面倒くさいなと思うこともありますが)


先週の7月10日は、「納豆の日」と言い、今朝は、「オカルトの日」と教えてくれました。(ちなみにオカルトとは、神秘的な、不思議な、超自然的な等の意味があります)7月13日は何故オカルトの日なのか?気になって、早速調べてみることに・・・。


1974年のこの日、映画「エクソシスト」が日本で初公開されたことにちなんで、制定されたそうです。エクソシストと言えば、少女に憑りついた悪魔と悪魔祓いの神父(エクソシスト)との対決を描いたオカルト映画で、大流行しました。主人公の少女役 リンダ・ブレアの顔が変わったり、首が回ったり、逆さまに四つん這いになって這いまわったりなど、それはそれは、恐ろしいトラウマ物のシーンがいっぱいでした。当時、小学生だった私もすごく怖かった記憶があります。また、我々小学生は、エクソシストが悪魔のことだと思って、「エクソシストは恐ろしかぁ」、「エクソシストが怖かぁ」と言っていました。(今思えば、あぁ勘違いで笑えますけどね)


その後もオカルトブームは続きます。UFOやネッシー、つちのこ、雪男、はたまた“こっくりさん”や“ノストラダムスの大予言”etc。その都度、少年たちは怖がったり、不思議がったりと胸をときめかせていましたよ(少なくとも、私は)


今でも、オカルトブームは手を変え、品を変えやって来ます。最近の妖怪「アマビエ」ブームも似たようなものでしょうか。歌は世につれ、世は歌につれと言いますが、オカルトは世につれ、世はオカルトにつれだなあと感じた、

今日、「オカルトの日」でした。


yjimage713.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:59 | めぐみだより

2020年07月10日

ウルトラマンの日

みなさん、こんにちは。今日7月10日は、世間一般では納豆の日(7と10)だそうですが、なんと「ウルトラマンの日」でもあります。1966年7月10日に第1回がテレビ放送されたことにちなんで、制定されました。平均視聴率36.7%、最高視聴率42.8%と大人気で、その後、セブンやエース、タロウなどシリーズ化されたことは、みなさんもご存知のことと思います。


私も子どもの頃、ウルトラマンは好きでよく視ていました。但し、リアルタイムではなく、再放送ですが・・・。(リアルタイムで記憶があるのは、帰ってきたウルトラマンからです)ウルトラマンで憶えているのは、最終回でゼットン(怪獣)に負けたことです。主人公が負けるなんて・・・、子ども心にも衝撃的でした。 (o) (しかし倒されましたが、ゾフィーに助けられて生き返りました。よかった、よかった)


ウルトラマンと言えば、両手を胸の前でクロスさせて発射する、必殺技「スペシウム光線」が有名ですね。誰しも一度は、まねしたことがあるでしょう。今なら憎くきコロナウイルスもこの光線でやっつけて欲しいものです。また、登場する敵の怪獣たちもバルタン星人を始め、レッドキング、ジャミラ、シーボーズ、ゴモラ、ピグモンなどユニークなものが多く、このことも人気の1つと言えるでしょう。自慢じゃないですが、私は今でも怪獣の写真を見れば、ほぼ100%近く名前が言えると思います! (#^.^#) (ポケモンの名前がスラスラと言える、今のチビッ子たちにも負けません)

 yjimage.jpg                               

最後になりますが、実は私、ウルトラマンも好きなんですが、一番好きなのは「ウルトラセブン」なんです。当時としてはSF的要素が強く、素晴らしい作品でした。また、セブンの必殺技「アイスラッガー」(頭の飾りをブーメランのように飛ばす)も、むちゃくちゃカッコよかったですもんね。(よく体育の時間に、紅白帽を飛ばして遊んでいました。懐かしい) (^v^)

yjimage222.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 13:42 | めぐみだより

2020年07月09日

フラリーマン日記 episode.32「陸上部編:続編」

前回のブログで、陸上部に所属していた時の事を書きました。

往時茫々ながら中学時代を思いおこし、懐かしい思いで原稿を作成しました。


私は特にノスタルジーに浸る趣味はありませんが、自分が今の息子たちと同年代だった頃の出来事や社会現象等を自分の写真と混ぜながらプロフィールし、当時流行した曲をバックミュージックにしてDVDに焼いたものを子ども達に見せても面白いかなと思いました(子どもには昭和後期の歴史の勉強です(笑)。時間がある時にでも作成したいと思います。

ブログ用.jpg

閑話休題。先日、長男より「お父さんと一緒に走りたい」と言われました。

それじゃ、って感じで家と古賀グリーンパークの間を往復する事にしました(往復で4qくらいでしょうか)。

ブログ用2.jpg

最初の内は軽快に走れていたものの、この距離を走るには、私のなまりになまった身体では結構キツかったです。途中からは、もはや元陸上部としての意地と気合いしかありませんでした。グリーンパークに着く頃には心拍数はレッドゾーンに、グリーンパークが折り返し地点の予定でしたが、到着時には既にゴールした気分になっていました(笑)。

ブログ用3.jpg

帰りも何とか走りきり、這々の体で家に帰りつくと、妻から「勝負して負けたんだから新しい体温計買って。」だって。長男に聞くと、長男が勝てば私が体温計を買う。私が勝てば妻が体温計を買うという話が、私のいない所で妻と長男の間で取り決めされていたとの事でした。


重力を知り過ぎた腹をもつタプタプのオヂサンが毎日数km走り込みをしている長男に勝てない事など、容易に想像がつきます。私が体温計を買う役をアサインした妻の魂胆は明々白々でしたが、今使っている体温計が古かったこともあり、まあいいかと購入。


新しい体温計になって計測時間が5分から8秒へと短縮されたことで、私も朝の検温が楽になりましたけど(笑)。


コロナウィルス禍。個人で出来る対抗策は少ないかもしれませんが、有効な物資の購入や、小まめの手洗い。抵抗力を下げないために適度な運動を取り入れる等、出来る対策をしっかりとって、コロナ危機を乗り越えたいと思います。 


追記:体温計代は妻が半分負担してくれました!  

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:57 | めぐみだより