2015年05月29日

食事療養室だより「お弁当づくり」

こんにちは、食事療養室です。

今日は、めぐみ病棟のバスハイクの日でした。

 バスハイクトップ画像.JPG

食事療養室では、お弁当を作りました。

 バスハイク配膳.JPG

喜んでくれるかな〜♪

≪献立≫

***常食の方***

サバの塩焼き

玉子焼き

煮物

菜の花の辛し和え

 バスハイク常食.JPG

***キザミ食の方***

アジ(ソフト)

人参(ソフト)

枝豆(ソフト)

煮物

菜の花の辛し和え

 バスハイクキザミ食.JPG

食事療養室からでした。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:46 | めぐみだより

2015年05月28日

花燃ゆ

皆さん日曜日の大河ドラマ「花燃ゆ」をご覧になっていますか。

低視聴率が話題になっていますが、私は欠かさず観ています。

元々大河ファンだったこともありますが、ある会合で松陰神社の宮司さんのお話を聞いていたこともキッカケになりました。

それによると、NHKは取材に来て、時代考証も含め綿密な調査を行ったそうです。物語には脚色も加えてありますが、松下村塾のセットは釘一本、柱の傷一つにもこだわって制作されているそうです。

ドラマの魅力は人間松陰の生き様に尽きると思います。松陰先生の影響を受け、松下村塾から輩出した幕末維新の志士は数知れません(僅か年1ヶ月の短い間です。塾生は92名とも言われています。)。これだけ人に影響を与え、人望を得た人物は居たでしょうか。その人となりをもっと知りたくなりました。

 ドラマの今後の展開も楽しみです。近代日本の礎を築いた先達に敬意を表して。

歴男

花燃ゆ.jpg


                                                                                  

                                                              


                                                  


                              






拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:14 | めぐみだより

2015年05月27日

「大川散策〜筑後川昇開橋」

先日、所用で大川を訪ねた折に、以前から気になっていた「筑後川昇開橋」に行ってきました。ご存知の方も多いと思いますが、国道208号線で筑後川を渡る時に遠くに見える赤い橋です。船が通る時に橋桁の一部が上昇します。(旧国鉄佐賀線の鉄道用可動式橋梁で、筑後川をまたいで福岡県大川市と佐賀県諸富町を結んでいます。また、現在は国の重要文化財および機械遺産に指定されています。)

筑後川@.JPG  筑後川A.JPG 

写真を撮ろうと近くまでいったら、何と歩いて渡れるんですねぇ。(知らなかったのは、私だけ・・・()) 地元の方たちの散歩コースにもなっているみたいなので、早速、私も渡ってみました。全長507.2mを往復して約1km、朝から良い運動になりました。橋の入り口の大川市側には、小さな公園や温泉施設、また対岸の諸富町側には道の駅ならぬ「橋の駅」や徐福さんの像などもあり、小さな発見の連続でした。久しぶりに有意義な朝の一時間でした。


筑後川B.JPG 筑後川C.JPG 


筑後川E.JPG 筑後川D.JPG


筑後川F.JPG 筑後川G.JPG


筑後川H.JPG 筑後川I.JPG

皆さんも日頃気になっている場所や物があれば、一度出かけてみてはいかがですか?思わぬ出会いや発見があるかもしれませんよ!

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:10 | めぐみだより

2015年05月26日

「温暖化?」

今年は、例年より桜が咲くのも散るのも早かったですね。もう暦の上では立夏を過ぎました。まだ梅雨入り前なのに、初夏を思わせる日が続いています。季節がだんだん早く感じられます。


青空@.jpg

今年の夏は、暑くなるのでは?体力が持つかなー、季節が早く感じるのは私だけ?これも温暖化のせい?

夏バテC.jpg  岸原C.JPG


岸原B.JPG 岸原A.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:24 | めぐみだより

2015年05月25日

院内トリオコンサート

“ 春のうららの〜隅田川〜♪ ”

思わず、口ずさみたくなるようなメロディが、聞こえてきました。その素晴らしい音色に、引き寄せられるように玄関ホールに行ってみると、ピアノ、バイオリン、ヴィオラ、3人の演奏者によるコンサートが開かれていました。


懐かしさがこみあげてくるようなこの曲は、“花”という曲で、私も学生時代に友達とよく歌ったものでした。心の中で口ずさみながら、しばしの間、3つの楽器の音色とハーモニーにうっとり・・・。ホールに来られた患者様たちも、聴きいっておられて、時には、音楽に合わせて身体を動かしたり、拍手したりして楽しまれていました。


ちょうど、その日に他院から転院して来られた患者様が、「初めて、この病院を受診するので、前日からとても不安で、行けるかなぁと緊張していたけど、病院の玄関まで何とかたどり着いたら、素晴らしい音楽が聞こえてきて・・・、まるで、私を歓迎してくれているみたいで、とても嬉しくてホッとした気持ちになりました。」と涙ぐみながら話されました。


素晴らしい音楽は、人の心を癒してくれるんですね・・・。演奏者の皆様、心安らぐひと時をありがとうございました。院内コンサート・・・今後も定期的に実施されるとのこと・・・、これからも楽しみです。


DSCF1099.JPG


DSCF1119.JPG


今後、コンサートの予定を「今後のイベントのご案内」にアップして参ります。どなたでも自由に視聴が可能です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:57 | めぐみだより