2015年07月22日

運動

最近、数年ぶりにランニングをしました。

高校では陸上部に所属していたので、体力には自信がありましたが、

約2Km走るのに15分以上かかってしまいました。←悔しいです。

翌日は、全身筋肉痛で大変でした。

少しずつ頑張っていきたいと思います。


ランニング@.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:40 | めぐみだより

2015年07月21日

放射線室の旋風J

胸部エックス線写真について、楽しく学ぼう(連載シリーズ)


11.エックス線を照射する


検査の時、エックス線はどこから出ているのでしょう?実は、あなたの後方2メートルにある小さな箱状のものの中から、あなたを目がけて出ています。そして、体の色々な部位(透過率の違うもの)を通ってフィルムに到達します。このフィルムは、あなたがアゴを乗せたり、抱きかかえたりしている撮影台の中にセットされています。

 このようにエックス線は、体の後面から入り、前面から出ているのですね。ご存知でしたか?もちろん、これにはきちんとした理由があります。


再び想像力を働かせてください。水槽を準備して、それを壁際に置き、横から光を当てることを考えてみましょう。水槽は透明ですが、光の透過率は100%ではないので、ある程度の薄い影が壁にできているはずです。そして、次にこの水槽の中に、ラグビーボールを縦に入れてみます。ラグビーボールの影は、水槽の影より濃いだろうということは、察しがつきますよね。

まずは、ラグビーボールを水槽の中で壁側に入れます。そして、これを光側に移動させてみましょう。モノが光に近づくと、その影は次第に大きくなりますよね。ここでもラグビーボールの影は大きくなっていることが想像できます。ということは、壁に映っている水槽の影自体の広さ(面積)は、逆に狭くなっていきます。二つの影が重なると、その部分の水槽の影は認識できないということです。


ここで話はエックス線写真に戻ります。人の心臓は体の前方と後方、どちら側にあると思いますか?きっと左側にあるのはご存知でしょうが、前か後ろかと聞かれると困りますよね。正解は前方なんです。もちろん体の前側にベターっとへばりついている訳じゃないですよ。

それでは、先程の話と比較してみます。光はエックス線、ラグビーボールは心臓、水槽は体、壁はフィルムとして考えてみます。胸部エックス線写真では何を見たいかというと、やはり肺が一番見たいのです。それでは、肺を広く写すにはどうしたら良いのかというと、水槽の影を広く映すにはラグビーボールを壁際におけば良かったですよね。ということは・・・、そうです。心臓は体の前方にありますよ。フィルム(撮影台)の方を向き、背中でエックス線を受けるようにして立てば、肺が大きく写ることとなります。もし体を前後反転してエックス線を受けると心臓が拡大され、その分、肺の見えている部分が小さくなります。理解できましたでしょうか?(続く)


x線@.jpg  心臓@.jpg 肺@.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 15:36 | めぐみだより

2015年07月17日

四つ葉のクローバー

先日、庭先で四つ葉のクローバーを見つけました。

四つ葉のクローバーを見つけると、

幸せな気分になりませんか?

皆さんは、四つ葉の一枚一枚に、意味があるのをご存知でしょうか?

クローバー@.jpg


1つ愛 、2つ富 、3つ名声、4つ健康


そして、その日はさらに五つ葉も見つけましたよ。^^

五つ葉以上にも意味があります。

五つ葉には、金銭に対する幸運が加わります。

六つ葉になると、地位に対する幸運が、また

七つ葉は、最大の幸運が舞い込むそうです。


暇な時間がある時、四つ葉と言わず、五つ葉、六つ葉、七つ葉など

探してみませんか?!


四葉.JPG  五葉.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:15 | めぐみだより

2015年07月16日

グループホーム安居だより「コーヒーとケーキ」

昔からコーヒーがお好きで、毎日飲まれているご入居者様に、

美味しいコーヒーを飲んで頂きたく、喫茶店へおでかけしました。


1.JPG

メニューを見て思案されている様子をパチリ、

さて、何を注文されたのでしょうか?


2.JPG  3.JPG

コーヒーを美味しそうに召し上がられていました。

また、お菓子もとても美味しかったです。

皆さん、久々の甘味処で大満足の一日でした。


4.JPG

今月、お誕生日のご入居者様です。

グループホーム安居では、お誕生日に皆さんでケーキを頂き、

お祝いをしています。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 11:35 | めぐみだより

2015年07月15日

放射線室の旋風 I

胸部エックス線写真について、楽しく学ぼう(連載シリーズ)


10.大きく息を吸う


「大きく息を吸って、止めてください。」

これも特徴的な行動ですね。何故こんなことをさせるのでしょう。息を吸わせるのは、その後に息を止めてもらうからではありません。


プールで水の上にプカプカ浮かんだことのある方も多いかと思いますが、あれは肺の中の空気が浮き袋の役割を果たしているから浮いているのですよね。そこで顔を下にした状態(うつ伏せ)で浮かび、息を少しずつ吐いてみることを想像してみましょう。すると体は次第に沈んで行きます。これは肺の中の空気が減り、もはや浮き袋の役割を果たせなくなったからです。

息を吸うと肺に空気が入り、その容積が増えます。逆に息を吐くと肺から空気が出て、その容積が減ります。

そして大きく息を吸うことで、肺の容積も大きく増えます。容積が増えれば、写真に肺が大きく写ることになります。何もせずに平常の状態で撮った写真では、何も見つからなかったものが、大きく息を吸った後で撮った写真では、腫瘍が見つかるという可能性も十分考えられます。是非とも胸のエックス線写真を撮るときには、恥ずかしがらずに大きく息を吸ってくださいね。


大きく息を吸った後は、息を止めてもらいます。


我々は常に呼吸をしており、先程言ったように、息を吸ったときは肺が大きくなり、息を吐いたときは小さくなります。呼吸をするということは、このようにして肺が常に動いているということになります。

普通のカメラを使った撮影を考えて欲しいのですが、動いているものを写真に撮ったらどう写るでしょうか。例えば走っている人を撮ると、どうなるでしょう?写真には人がブレて写ってしまい、ハッキリクッキリ写っているとはとても言えないものになります。改めて考えてみると、普段カメラで写真を撮ってもらうときって、ジッとして動かないことが習慣になっていますよね。皆さん、無意識に動いてはいけないと分かっているのでしょう。


  さて、エックス線写真に於いても同じです。走っている人だって肺だって、動いていればブレて写ります。ブレたエックス線写真で診断なんてできません。そうならない為に息を止めてもらっていたのです。息を止めることで肺の動きも止めます。ただ胸の写真の場合は、先程の理由により、大きく息を吸って肺を大きくした状態をキープして息を止めます。これで完璧です。


深呼吸A.jpg  深呼吸@.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:54 | めぐみだより