2016年04月21日

産休に入ります!

私事ですが、長男が1歳になった年から縁あって福岡聖恵病院に勤務し始め、早や3年。もうじき第2子を出産します。


その間に部署も変わりましたが、長男の発熱等で急に休んだり、つわりで辛いときも、一緒に働いている職員の皆さんの優しさと、赤ちゃんを楽しみにしてくれているご利用者様に支えられて、ここまで何とか仕事を続けることができました。ありがとうございました★

黒木@.jpg


先日は職員の方に「安産」のお守りをいただきました!

本当に嬉しかったです♪

黒木A.jpg


皆さんに頂いた優しさをお返しできるように、まずは無事に出産し、元気な赤ちゃんをお見せできるようにがんばります!!


Power upして復職しますので、その際はよろしくお願いします♪

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:12 | めぐみだより

2016年04月20日

ヒーリングアート&ビハーラ病棟パッション

ヒーリングアートというのは、自分の心模様をパステル画として表現する、アートセラピーみたいなものです。


先日、友人と二人で「森川ヒーリングアート教室」に行って習って来ました。私は、絵画はあまり上手じゃない・・・という苦手意識がありましたが、そこはパステル画の不思議なところで、下手でも上手になったように錯覚させてくれる、とても気持ちのいいアートです。

友人は、エプロンをつけ、その風貌も手伝い、何かいっぱしの芸術家のような雰囲気を醸し出し、その場にとても似合っていました。私はそれを見ただけでも、「うん、きょうは描けそう!」と動機づけられました。先生の指示に従ってパステルを扱いながら、自分の心のおもむくままに画用紙の上に描いていきます。何を考えていたわけではなかったのですが、徐々に画用紙の上に現れたものを見ると、「深海の中から静かに湧き上がってくる“何か”が明るい海面に向かって昇っている」様なイメージでした。


自分の描いたものを見ながら、ふっと思い出しました。以前、「ビハーラ病棟」で勤務する予定の看護師さん達が「自分の看護を情熱的に語る」のを聞く機会があり、その「ビハーラパッション(情熱)」に感化されて、それを描こうとしているのかもしれないと思いました。


Mission(使命)があって、Passion(情熱)が生まれ、Action(行動)する』、この言葉が頭に浮かんだ日でした。

パステル森川.jpg


パステル中村.jpg


パステル高下.jpg


※上から順に森川先生、友人、私の作品です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:57 | めぐみだより

2016年04月19日

増えろ!めだか

昨年の秋、数年ぶりに宮地嶽神社の放生会に行きました。

お参りを終えた帰り道で、金魚すくいならぬ“めだかすくい”を発見 !

以前からめだかが飼いたかった私は、子供より気合が入り、本気モード全開。元気なめだかに振り回されながらも5匹すくえて、無事に家まで連れて帰る事ができました。


そして今年3月に、1匹のめだかが卵をつけて泳いでいるのを見つけました。水草に産み付けた直後に採卵し、別の水槽に移して、ワクワクしながら子供たちと観察開始。

観察開始から25日目、糸くずみたいな小さなめだかが3匹元気に泳いでいるのが確認できました。


これから暖かくなるので、もっともっと増えてくれるように、愛情込めてめだかの飼育に励もうと思います。


めだか@.jpg


めだかA.jpg

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 08:18 | めぐみだより

2016年04月18日

「地震」

4月14日21時26分頃、熊本で震度7の地震がありました。

ここ福岡聖恵病院でも携帯電話の警報音の直後、大きな揺れを感じました。

私は、ショートステイ和光で夜勤中…。

居室の扉が、ガタガタ音を立てています。

「長い…!!」「けっこう長いぞ…」と思いながら、ご利用者様の安否を確認していた時、詰所の中の私のロッカーにある携帯電話がふるえました。

「家で何かあった?!」と慌てて携帯電話を手に取ると、和光のスタッフからのメールでした。

時針は、大丈夫でしたか?…」


また別の若いスタッフからも「熊求で震度7です。何かあったときは連絡してください。」

…とご利用者様や私を心配しての安否確認でした。

落ち着いて携帯の画面を見直してみると、

ん!! 「時針」?? 「熊求」?? 

変換が、 変!!


皆、慌てて急いで安否を気遣ってくれたのでしょう。

(変換した文字を確認する間もなく・・・)

私は、とても心が温かくなっていました。

その後も他のスタッフから電話やメールが…。

和光ってなんて素敵なスタッフばかりなんだろう〜。

思わず涙がホロリ。


でも、この地震で亡くなられた方や家を失った方が大勢います。

心よりお悔やみ申し上げます。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:23 | めぐみだより

2016年04月15日

「ひじき」

こんにちは!食事療養室です。

今日は、栄養士らしく !? 食品の成分についてお話ししたいと思います。


私たち栄養士は、献立を作成する際、「日本食品標準成分表」というものを使って、栄養素を計算しています。

この成分表は、5年ごとに改訂されるのですが、昨年12月に今までにないぐらいの大幅な改訂が行われた為、栄養士にとっては、大ニュースになりました。


今回の改定は、収録食品が300以上増え、常用されることが多い惣菜も追加されました。

その中でも、新聞やネットでも取り上げられたのが「ひじき」。

何とひじきに含まれる鉄の量が、9分の1に減ったのです!干しひじきの製造の際に使用する釜が従来は「鉄製」でしたが、現在は「ステンレス製」が主流になったことが理由だそうです。

(ひじきの鉄分は、鉄釜の鉄分だったんですねー。)


鉄が多く含まれていると思っていた、ひじきの鉄分が減ったことにはびっくりですよね〜(*_*)

とは言え、ひじきはカルシウムや食物繊維が豊富なので、適度に献立には取り入れたいですよね。


最後に、気を取り直して、今後も肉や魚、そして野菜をバランスよく取り入れ、美味しい食事の提供に努めていきたいと思います。 \(^o^)


food_hijiki.png    job_eiyoushi.png

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:22 | めぐみだより