2015年05月26日

「温暖化?」

今年は、例年より桜が咲くのも散るのも早かったですね。もう暦の上では立夏を過ぎました。まだ梅雨入り前なのに、初夏を思わせる日が続いています。季節がだんだん早く感じられます。


青空@.jpg

今年の夏は、暑くなるのでは?体力が持つかなー、季節が早く感じるのは私だけ?これも温暖化のせい?

夏バテC.jpg  岸原C.JPG


岸原B.JPG 岸原A.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:24 | めぐみだより

2015年05月25日

院内トリオコンサート

“ 春のうららの〜隅田川〜♪ ”

思わず、口ずさみたくなるようなメロディが、聞こえてきました。その素晴らしい音色に、引き寄せられるように玄関ホールに行ってみると、ピアノ、バイオリン、ヴィオラ、3人の演奏者によるコンサートが開かれていました。


懐かしさがこみあげてくるようなこの曲は、“花”という曲で、私も学生時代に友達とよく歌ったものでした。心の中で口ずさみながら、しばしの間、3つの楽器の音色とハーモニーにうっとり・・・。ホールに来られた患者様たちも、聴きいっておられて、時には、音楽に合わせて身体を動かしたり、拍手したりして楽しまれていました。


ちょうど、その日に他院から転院して来られた患者様が、「初めて、この病院を受診するので、前日からとても不安で、行けるかなぁと緊張していたけど、病院の玄関まで何とかたどり着いたら、素晴らしい音楽が聞こえてきて・・・、まるで、私を歓迎してくれているみたいで、とても嬉しくてホッとした気持ちになりました。」と涙ぐみながら話されました。


素晴らしい音楽は、人の心を癒してくれるんですね・・・。演奏者の皆様、心安らぐひと時をありがとうございました。院内コンサート・・・今後も定期的に実施されるとのこと・・・、これからも楽しみです。


DSCF1099.JPG


DSCF1119.JPG


今後、コンサートの予定を「今後のイベントのご案内」にアップして参ります。どなたでも自由に視聴が可能です。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:57 | めぐみだより

2015年05月22日

グループホーム安居だより「交流会」

5月も後半となり、少しずつ暑い日が多くなってきました。

グループホーム安居では、天気の良い日には、安居1、2合わせて18名の入居者様と一緒に、初夏の陽射しを満喫しています。

この日は、合唱会を開きました。いつもより賑やかで大きな歌声が、中庭に響いていました。

2.JPG  4.JPG

この時季には、出来るだけ外気に触れてリフレッシュして頂ける様、心がけております。


母の日のプレゼントの花が、しおれかけていたので、お花を習っておられた入居者様にお願いをして、生けなおして頂きました。ご覧の通り、すっかり元気になりました。

IMG_2054.JPG 6.JPG


今月は、鹿部の公民館で地域の方との交流会があり、ご近所の方と一緒にゲームや食事を楽しんできました。

IMG_2015.JPG  IMG_2026.JPG

普段とは違った雰囲気の中での交流会、皆さんとても嬉しそうでした。


手作りの春巻きを、とても美味しく頂きました。

IMG_2036.JPG 7.JPG

また、機会があれば参加したいと思います。

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 10:16 | めぐみだより

2015年05月21日

野菜栽培日記

病院中庭の空いているスペースを利用して、入院患者さんが家庭菜園を作られました。

トウモロコシ、茄子、トマト、キュウリ、キャベツ、そしてオクラの種が植えてあります。

成長が楽しみです。

今後、定期的に育っていく様子をお知らせしていきたいと思います。お楽しみに。


DSCF1087.JPG  DSCF1088.JPG


DSCF1090.JPG  DSCF1089.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:04 | めぐみだより

2015年05月20日

話題のスポット

今話題のスポット、明治日本の産業革命遺産 「松下村塾」

お休みを利用して、見に行ってきました。世界遺産に登録されたら混み合いそうです!皆さんも見学に行ってみては、いかがですか?


幕末期に吉田松陰が主宰した私塾。

天保13年(1842)に松陰の叔父である玉木文之進が自宅で私塾を開いたのが始まりで、後に松陰の外伯父にあたる久保五郎左衛門が継ぎ、安政4年(1857)、28歳の松陰がこれを継ぎ、主宰することになりました。


松陰は身分や階級にとらわれず塾生として受け入れ、わずか1年余りの間でしたが、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山県有朋、山田顕義、品川弥二郎など、明治維新の原動力となり、明治新政府に活躍した多くの逸材を育てました。


木造瓦葺き平屋建ての50uほどの小舎で、当初からあった8畳の一室と、後に吉田松陰が増築した4畳半一室、3畳ニ室、土間一坪、中ニ階付きの部分から成っています。講義室だった8畳の部屋には松陰の石膏像と肖像画、机が置いてあります。当時、この地域が松本村と呼ばれていたことから「松下村塾」という名がつけられました。

引用:萩市観光協会ホームページより


025.JPG   021.JPG


026.JPG  029.JPG

拍手する
posted by 福岡聖恵病院 at 09:37 | めぐみだより